金沢大学学友支援室
金沢大学学友支援室
はじめに
学友支援室について
 2009年4月,本学の前身校・附属した学校の卒業生(修了生を含む。以下同じ。)を含む(1)卒業生に関する情報の収集,管理及び提供,(2)卒業生による同窓会,学年会,同好会等(以下「同窓会」)に関する情報の収集,(3)本学と同窓会との連携・協力,(4)本学の全学同窓会(金沢大学学友会)の組織化,等を目的に,卒業生・同窓会の総合窓口として設置されました。
   第11回金沢大学ホームカミングデイは、平成29年10月28日(土)に開催します。
更新履歴
 2017.7.28  ニュース・レター80NEW!
 2017.5.24  ニュース・レター79
 2017.4.20  Kanazawa University Alumni Newsletter No.4
 2017.3.29  ニュース・レター78
 2017.1.26  ニュース・レター77
 2016.11.30  ニュース・レター76
 2016.11.30  ニュース・レター75(特別号)
2016.10.12  ニュース・レター74
 2016.8.22  ニュース・レター73
2016.8.17  第10回ホームカミングデイの開催情報を掲載しました
2016.7.29 ニュース・レター72
2016.5.26  ニュース・レター71
2016.4.18 Kanazawa University Alumni Newsletter No.3 
2016.3.29 ニュース・レター70 
2016.3.11 Kanazawa University Alumni Newsletter No.2
2016.2.4 ニュース・レター69
2015.11.27 ニュース・レター68
2015.11.27 ニュース・レター67(ホームカミングデイ特別号)
2015.10.8 ニュース・レター66
2015.8.17 ニュース・レター65
2015.8.17 第9回ホームカミングデイの開催情報を掲載しました
2015.7.29  ニュース・レター64
2015.5.29  ニュース・レター63
2015.4.27  Kanazawa University Alumni Newsletter No.1
2015.3.30   ニュース・レター62
2015.1.29  ニュース・レター61
2014.11.28  ニュース・レター60
短信1      第二回 金沢大学東海地区合同同窓会開催


6
17日(土)、東海地区では5年ぶりに合
同同窓会を名鉄ニューグランドホテルで開催しました。大学からは、山崎学長、向理事、加納副学長をはじめ、ご来賓18名お招きし、207名の会員が参加し、盛大な合同同窓会となりました。

 法経文学部同窓会名古屋支部、金沢工業会東海支部十全同窓会愛知県支部及び薬学同窓会東海支部が中心となって開催し、理学部とつるま同窓会からも参加があり、会場は、大変なにぎわいとなりました。                        ▲学長と校歌を歌う出席者
 合同同窓会では、山崎学長に「挑戦と改革
で世界 に輝く金沢大学」の演題で、講演をしていただきました。
山崎学長は、「スーパーグローバル大学創成支援事業」に指名され、また、国立大学の中で「卓越した世界の大学と競い合う教育研究大学」を選択し、さらに、地域に愛され、グローバル人材の育成を目指す「YAMAZA   KIプラン2016」について説明があり、大きく飛躍し、世界に輝く金沢大学の未来像がわかりました。
 懇親会では、久しぶりに他学部の友人と顔を合せ、旧交を暖めあう場面もここかしこに見られ、非常に楽しい一時となりました。5年後に、第三回 東海地区合同同窓会を開催する予定をしており、更に盛大な同窓会になるよう、各学部同窓会と協力し合っていきたいと思っています。

    金沢大学法経文学部同窓会名古屋支部長 上野 健(経済学部 昭和50年卒業

短信2    金沢大学福井市役所学友会総会を開催

6月30日(金)、金沢大学福井市役所学友会総会を福井市内のホテルにおいて開催しました。

総会は、水島会長(経済S56卒)の挨拶に続き、会計報告、役員改選が行われ、新たに前田会長(経済S58卒)が選出されました。

懇親会は、前田新会長の挨拶から始まり、顧問である西行副市長(法S53卒)の音頭で「おいしいふくい条例」に基づき、市地酒の白岳仙(はくがくせん)で乾杯をしました。恒例の今年の新入職員、6名から自己紹介があり、新たな仲間を迎え宴も盛り上がり、最後に、増永副会長(工S61卒)の発声で宴が終了しました。                      前列右から、西行副市長(法 S53卒)

今後も、金沢大学の卒業生として会員相互の親    前田会長(経済S58卒)
睦を深め、職員としての資質を向上して、福井市   
後列は、平成29年4月採用の新入職員
の発展に尽くしていきたいと考えています。

      熊野一生(工学部 昭和63年卒業)

短信3 浜松ホトニクス金沢大学同窓会「金大会」を開催大会」を開催

        (金沢大学登録同窓会に616日登録済)

 

526()、初めて山崎金沢大学長をお迎えして、第6回浜松ホトニクス金沢大学同窓会「金大会」を新入社員歓迎会を兼ね浜松ホトニクス・千歳分室にて開催し、大いに盛り上がりました。

金沢と浜松は、中部地方の北と南に位置し、時間的に遠い位置にあるため、なかなか卒業生が当社に就職することがなかったのですが、近年、卒業生が、毎年入社するようになり、原会長(工院 S51年修)   ▲学長を囲んでの記念写真
の「和の心を大事に」というスローガン
のもと、平成24年以降この時期に新入社員歓迎会
を兼ねて開催しています。ちなみに、会員の半数が、20代です。2次会にもほぼ全員が参加して、十分話すことができたと思います。来年もこの会を楽しみにしています。
  
                     小楠 功一(工学部 昭和63年卒業 

短信4   薬学関東同窓会(総会、学術講演会、懇親会)開催


6
3日(土)にフクラシア東京ステーションにて、向 智里薬学同窓会会長(金沢大学
理事・副学長、S51)、後藤享子准教授(分子生薬学、S60)、福山忠男 (薬友会誌編集委員長、S33)を迎え、参加者60名を超える開催となり大いに盛り上がりました。

総会は、校歌斉唱と物故者への黙祷後、来賓挨拶では、向会長から薬学創立150周年記念式典行事の盛会裡、来年3月に日本薬学会年会の金沢開催、金沢大学トピックス2017

外編、清木元治さんS48)が招聘教授のリサーチプロフェッサー制度等が紹介されました。                      ▲挨拶する向智里

後藤先生は、米国留学経験など研究紹介のほか、昨年度薬   沢大学理事・副学長 
剤師国家試験合格率が、全薬
系大学中2位、国公立1位と、好 
   
成績維持の嬉しい報告をされました。

学術講演会は、富士フイルムファーマ株式会社の高島正伸さん(S58)の講演「企業の事

業経験から学んだ教訓」を同級の大橋徹生幹事が司会をしました。講演後、フロアーと活

発な質疑が続き、大変有意義な講演会となりました。

懇親会は、丸山卓郎幹事(H9)の司会で、大島前会長発声による乾杯後、5卓に分かれたアイスブレーク自己紹介で和み、歓談盛り上がる中、清木新会長他の挨拶、名無し草合唱などもあり、あっという間の2時間の時を過ごしました。次回の開催は平成3062日(土)の予定です。
 
             桂 真基(薬学部 平成10年卒業)

短信5 金沢工業会新潟支部・新潟研土会総会兼六会(全学同窓会)講演会・懇親会開催

6月9日(金)は、大学から環境デザイン学類の宮島先生、電子情報学類の満保先生にお越しいただき、昭和20年卒の大先輩から平成28年卒の若手まで、全学合わせて31名の卒業生が参加し、大いに盛り上がりました。

 講演会では、新潟大学自然科学系(理学)フェローの工藤久昭様から「113番元素ニホニウムの命名まで」と題しまして113番元素の発見までの道のりとその命名プロセスについて、ご講演いただきました。            全員での記念写真

 懇親会は、兼六会の本多会長(医 S35年卒)のご挨拶・乾杯で始まり、学部や年齢の壁を越え、ご参加いただきました皆さまが、久しぶりの再会にあちらこちらで楽しく談笑される光景が見られるなど、旧交深まる同窓会となりました。最後に、全員で記念撮影をして閉会となりました。

                           垣内 俊彦(工学部 平成4年卒業)

短信6  「北の都会月例会」第770回を祝う

59()、東京銀座7丁目のライオン・クラシックホールにおいて、「北の都会月例会」は第770回を盛大に祝いました。
 北の都会とは、「東京四高会」第650回から、金沢大学OB有志が世話係を引き受け、「北の都会」として第770回まで10年間発展させてきたものであります。以降、原則、毎月4日に四高と金沢大学(8学部、男女)の「銀座サロン」とし     全員での記念写真
て今日に至っています。全会員数約400名のうち、毎月、四     
高約10名、金沢大50名の参加があります。

月例会は最初に「北の都」と「校歌」を歌い、会食、歓談後、約1時間の「卓話」を聴く。講師は毎回、四高と金沢大学関係者にお願いしています。最後に「南下軍の歌」で閉幕です。どなたでも歓迎ですので、ぜひご参加ください。講師も募集しています。
                      代表世話人 藤村延魚(法文学部 昭和37年卒業)




                                                Kanazawa University Alumni Office
                                     Kakuma-machi,Kanazawa-shi 920-1192,Japan