知の活動を支えるネイチャー・フィールド
北陸地区国立大学
辰口共同研修センター
Tatsunokuchi Seminar House




目的
 この研修センターは,北陸地区国立大学の学生及び教職員のための合宿研修施設として,共同生活を通じて大学間の交流と相互理解を図り,かつ,学生の学外における演習・実習・課外活動など大学教育の効果を高めることを目的として設置されています。
利用者の範囲
 ○北陸地区国立大学の学生及び教職員で,5名以上の団体で4泊5日以内の研修計画を有し、団体の代表責任者を有するものとします。
 ○その他,研修センター所長が適当と認めた者とします。

利用申込
 1.利用開始予定日の3ケ月前から予約できます。
 2.研修センターの利用申込みは、所定の@利用申込書、A名簿、B研修
   計画書を代表責任者が在学する大学の学生部学生課等(以下、「責任者
   在学大学の学生課等」とします。)へ提出してください。
 3.提出された申込書類は、責任者在学大学の学生課等を通じて、金沢大学
   学生部学務課が受理し、辰口共同研修センター所長の承認を経て、「利
   用許可書」を発行します。
 4.「利用許可書」は,責任者在学大学の学生課等を通じて,代表責任者に
   交付します。

 5.利用の取消し又は利用期間・人員の変更をしようとする場合は、利用
   開始予定日の7日前までに、責任者在学大学の学生課等を通じて、金沢
   大学学生部学務課へ申し出て許可を得てください。

利用経費
 1.使用料
  ○北陸地区国立大学の学生及び教職員は、使用料不要です。
  ○北陸地区国立大学の学生及び教職員以外の方(研修センター所長が適当と
   認めた者)は次の使用料が必要です。

   (1)集会(日帰)利用料・・・・・1人1日につき270
   (2)宿泊利用料・・・・・・・・1人1泊につき540

 2.雑費
  宿泊利用の場合は、宿泊日数にかかわらず、寝具クリーニング代金として
  1360円が必要です。


施設について
  1.宿泊室は,原則として団体ごとに指定しますが,利用者多数の場合は
   異なる団体で共同使用していただくこともあります。その場合は,
   事前に代表責任者へ連絡します。
 2.食事の提供はしておりません。必要な場合は,各自でお弁当等を持参して
   ください。
   (食事室には,電子レンジ、卓上IHクッキングヒーターがあります)
 3.防火管理上、屋内外の火気使用(バーベキュー、花火等)はできません。
 4.施設概要と収容人員は,下記のとおりです。


 詳細はパンフレットをご覧ください。


各種ダウンロード

パンフレット
申込書(PDFEXCEL
利用者心得
本センター規定及び利用細則



アクセス
JR北陸本線
小松駅下車、北鉄バス小松駅辰口ハイタウン行乗車、バス停「辰口ハイタウン」下車・・・・徒歩約20分
北鉄バス
金沢 兼六園下発(辰口温泉経由)小松行乗車、緑が丘10丁目下車・・・徒歩約20分
自家用車
金沢 四十万(しじま)方面より加賀産業道路を利用、または、北陸自動車道小松 美川IC国道8号線を利用
(金沢から約40分)

〒923-1225
石川県能美市松が岡5丁目163


お問い合せ

金沢大学学生部学務課
Tel 076-264-5157
E-Mail:
stsomu@adm.kanazawa-u.ac.jp

    更新日  2011.10.3

室  名 和洋別・面積 収容人数 備  考
大研修室
(第1、2研修室)
洋室 125u 80人 大規模研修に使用、アコーディオンドアで2室に分割可能
小研修室
(5、6号室)
洋室 各21u 各8人  
多目的利用室
(第3〜6研修室)
和室(4室) 各21u 48人(各12人) 仕切りを外して,2室として使用可能。
宿泊室
(1〜4号室、7〜9号室)
洋室(7室) 各21u 56人(各8人) 消灯22:30 
食  堂 洋室 83u 60人 食事時間以外は研修室として使用可能
ホ ー ル 1階 55u
2階 77u
  テレビ視聴、休憩等に使用
浴  室 男子 38u
女子 21u
15人
10人 
利用時間17:30〜19:30
洗濯機、乾燥機あり
体 育 館 806u   バスケットボールコート(1面)
バレーボールコート(2面・公式1面)
バドミントンコート(4面)
フットサルゴール(各種ボール)・卓球
(卓球台5台あり)