HOME »  むしとりあみ通信 »  2010年2月

むしとりあみ通信

氏名:中村晃規
専門:生態学
里山の動植物の話題,自然学校の日々の活動で感じたことなどを伝えます

2010年2月

ESDセミナーin金沢

1月31日(日)
金沢都ホテルで開催された,「ESDセミナーin金沢〜北陸におけるユネスコ・スクール(US)事例発表会〜」に参加しました.前日の富山シンポジウムに続いて,連チャンでのESD関連行事への参加.私の知的好奇心をビンビンに刺激してくれました.

R0015811.jpg

このセミナーでは,北陸のユネスコスクール3校による取り組みの発表がありました.
発表があったのは,富山市中央小学校,金沢市材木町小学校,金沢市田上小学校の3校でした.
それぞれの報告内容ですが,かいつまんでまとめると,中央小学校はESDカリキュラム構築に向けての自分たちがすすめてきた4つのプロセスについて,材木町小学校は地域との連携と地域への発信,田上小学校はESDと総合的な学習の時間・地域のサポートといった感じでしょうか.

発表後には,金沢大学特任教授の鈴木先生を司会に,総合討論がありました.
各学校の発表後の総合討論のキーワードを以下に並べます.
・新しいことをはじめたのではない
・ESD〜学年をつなぐ柱〜地域に立脚〜頭の整理のし直し
・ESDカレンダー〜学習指導計画とのリンク〜ストーリー性
・学校の先生がイニシアチブをとる〜子どもに何を学ばせたいのか〜一過性で終わってはいけない
・学習履歴の保存と活用〜重要〜ポートフォリオ〜ESDの持続可能性
・ESD意識を主体にした活動

環境省中部地方事務所、EPO中部(中部環境パートナーシップオフィス)のスタッフも出席されていました.
残念だったのは参加者が少なかったこと.事例の発表が聞け,それについていろいろ質問出来るのだから,発表した学校以外から,もっと先生が出席してくれれば...と率直に思いました.

個人的には,角間の里山自然学校と連携して里山学習をすすめてきた田上小学校のお話しを他校に聞いていただけたので満足でした.ただし,私に求められたコメント(鈴木先生より)に上手く答えられなかった点は反省ですが...

大学の一員として,個人として何が出来るか,考えさせられたセミナーでした.

中村晃規 (2010年2月 4日 22:59) | コメント(0)

ESD富山シンポジウム〜里山から持続可能な社会づくりを考える〜

1月30日
富山市ファミリーパークでおこなわれたシンポジウム「ESD富山シンポジウム〜里山から持続可能な社会づくりを考える」に参加してきました.

R0015786.jpg

受付をすませて会場に入るとなかなかの熱気.席がほとんど埋まっていて,ぎりぎりに会場入りした私は空いた場所を探すのにしばらくウロウロ.

R0015790.jpg

ざっと見て参加者は約150名ほどでしょうか.そしてシンポの途中でわかったのですが,その半数くらいが幼小中高の先生.富山市教育委員会が主催だったためもあるでしょうが,ESDに対する富山の先生方の関心の高さがうかがいしれました.

基調講演をされた廣野良吉先生は,ESDについて3つのテーマ,①そのなりゆき,②各国の取り組みの内容,③これからの展望についてお話しされました.ESDを通して,世界とのつながりを考えること,地域が主体となって活動することが重要であるとのお話しが私の頭に残っています.

続いてのパネルディスカッションは,金沢大学特任教授の鈴木克徳先生を司会に,富山市ファミリーパーク園長の山本茂行さん,悠久の森2009総合プロデューサーの小林福治さん,富山大学教授の松本謙一先生が話題提供されました.

富山市ファミリーパークとは,角間の里山自然学校の設立当初から,非常に懇意に交流させてもらっています.いつも私の考えの先を進んでいく山本園長.今回の参加も,山本さんのお話を楽しみにしてでもありました.

さて,その山本園長のお話は,「動物園はESDやります.先生方いっしょにやりましょう」ということだったと思います.これまでのいきものメイトとの里山保全や動物種の保護,児童・生徒・学生の受け入れといった活動,園内の動物や施設をESDの素材として提示し,みんなでこの素材を活用してください,一緒にESDをすすめていきましょうと提案したと私は受け取りました(間違っていたらすいません).同じく里山に関わっている私としては,里山をESDに使いましょうと明確に打ち出しているファミリーパークをうらやましく感じました.角間の里山の今後も,もしかすると同じ位置に立っているのかもしれません.これまでの動物園の活動が,ESDというキーワードでスッキリとまとまった感じがするのは私だけでしょうか?

小林さんからは,悠久の森プロジェクトの展開と今後の展望について,松本先生からは小学校での川の汚染度調査と美化プロジェクトといった環境教育活動を通じて見えてきた,子どもが持つESDの視点や地域素材の価値についてのお話しがありました.

シンポジウムのキーワードは,「里山」「ESD」「持続可能な社会」でしたが,パネリストの発言から,「これまでやってきたことがESD」という隠れたキーワードが見えました.

ESD,今後の里山のありかたを考える上で,とても有益なシンポジウムでした.

ちょっと見にくいのですが私のメモを元にしたマインドマップはこちら.

名称未設定.jpg

クリックすると大きくなります.

シンポジウムの後で動物園内をめぐるツアーがありました.
その時,悠久の森プロジェクトのみなさんが,能登半島里山里海自然学校を訪れた時の写真報告を発見.

R0015806.jpg

今回の内容とは関係ないですが,ちょっと嬉しくてここにお知らせです.

中村晃規 (2010年2月 4日 00:30) | コメント(0)