HOME »  むしとりあみ通信 »  調査・研究 »  第五回竹林景観ネットワーク研究集会

むしとりあみ通信

氏名:中村晃規
専門:生態学
里山の動植物の話題,自然学校の日々の活動で感じたことなどを伝えます

第五回竹林景観ネットワーク研究集会

香川県高松市香川大学でおこなわれた,第五回竹林景観ネットワーク研究集会に参加しています.
今日は一日目,研究発表会でした.
急病のため,1演者の発表が取り消しになりましたが,4つの発表があり,活発な意見交換がおこなわれました.

R0015223.jpg

今回の発表は,卒論生,院生の発表のみ.学生・院生らしく新しい視点で切り込んだ初々しい発表ばかりでした.

懇親会はさすが香川県.讃岐うどんの料亭.本場のうどんを堪能しました.

R0015241.jpg

帰りの電車「琴電」では,金沢大学の坂本先生から工学部系の視点で見た竹研究について聞くことができました.
竹の地下茎が成長し,拡大する様子や,竹林が成長し,密度が高くなる様子についてのシュミレーションに是非取り組んで欲しいと感じました.

明日は高松市周辺の森林や竹林保全,研究の現場を見学するエクスカーションです.

中村晃規 (2009年12月26日 21:02) | コメント(0)