HOME »  むしとりあみ通信 »  2009年12月

むしとりあみ通信

氏名:中村晃規
専門:生態学
里山の動植物の話題,自然学校の日々の活動で感じたことなどを伝えます

2009年12月

第五回竹林景観ネットワーク研究集会~2日目

昨日にひきつづき,竹林景観ネットワーク研究集会に参加しました.
2日目はエクスカーション.高松市郊外の自然植生の観察,NPO,香川大学の竹林調査地の視察でした.

まず訪れたのは藤尾山自然環境保護地域と藤尾神社.

R0015268.jpg

R0015281.jpg

ここは山自体がご神体となっていて,そのためこの地域の自然植生が残されています.
ですので,展望台から見ると,周りの山々は常緑広葉樹に覆われた景色.

R0015283.jpg

てらてらと輝く緑の中,所々にまだ落葉していない,赤や黄色に紅葉した落葉広葉樹が見えました.
香川県に出発する少し前に雪が降った金沢では,木々の葉はすっかり落ちて見渡す限り白と黒の世界だったのに...冬でも暖かくさしている日差しの中,山の様相の違いをたっぷり堪能しました.

続いて,藤尾山に隣接する「ドングリランド」へ.

R0015382.jpg

このドングリランドでは,「どんぐり貯金」で有名な「NPO法人どんぐりネットワーク」の方達が活動しています.
ネットワークが指定管理者となっているビジターセンターでは,約1万個の松ぼっくりで作った大きな松ぼっくりアート「ト○ロ」が出迎えてくれました.

R0015316.jpg

R0015293.jpg

センター内ではネットワークの松野さんから活動についてお話ししていただきました.
「保全」「森遊び」「食べる」をテーマに様々な主体が多様な体験活動をおこなっている様子がよくわかりました.
例えば「ツリークライミング」「森の幼稚園(地元の幼稚園,保育園と一緒に)」「里山キャンプ(大学生の協力)」.これらの行事を月1回のペースでおこなっているほか,毎週火曜日には竹林整備ボランティアの皆さんが保全活動に励んでいます.

このネットワークの取り組みの様子,組織の作り方などは,今後の角間の里山メイトの方向性を考える上でとてもヒントになりました.

この日も「森で育児をしよう!」と集まり,定期的な活動を続けている親子グループが薪とかまどで料理をしていました.

R0015348.jpg

作っているのは「だんご汁」.子ども達が作ってくれたこのお汁を,私たちも頂きました.
ごちそうさまでした.

昼食後はドングリランド内の竹林で「竹林の健康診断」の講習会をおこなったり,香川大学の調査試験地を見学しました.
途中では竹林内に建てられた観測タワーにも登ることができ,大満足なエクスカーションでした.

R0015393.jpg

中村晃規 (2009年12月27日 14:02) | コメント(0)

第五回竹林景観ネットワーク研究集会

香川県高松市香川大学でおこなわれた,第五回竹林景観ネットワーク研究集会に参加しています.
今日は一日目,研究発表会でした.
急病のため,1演者の発表が取り消しになりましたが,4つの発表があり,活発な意見交換がおこなわれました.

R0015223.jpg

今回の発表は,卒論生,院生の発表のみ.学生・院生らしく新しい視点で切り込んだ初々しい発表ばかりでした.

懇親会はさすが香川県.讃岐うどんの料亭.本場のうどんを堪能しました.

R0015241.jpg

帰りの電車「琴電」では,金沢大学の坂本先生から工学部系の視点で見た竹研究について聞くことができました.
竹の地下茎が成長し,拡大する様子や,竹林が成長し,密度が高くなる様子についてのシュミレーションに是非取り組んで欲しいと感じました.

明日は高松市周辺の森林や竹林保全,研究の現場を見学するエクスカーションです.

中村晃規 (2009年12月26日 21:02) | コメント(0)

ラクーン・環境活動コンテスト出場

金沢大学の「里山を楽しみ,知ってもらう」サークル,ラクーンが2009年の第7回全国大学生環境活動コンテスト(通称「エココン」)に出場します.
このコンテストでは出場したグループが自分たちの活動についてプレゼンテーションし,その出来を競い合います.もちろん各団体の活動そのものも審査のポイントですが,どれだけ上手くパフォーマンスし,観客に伝わるかという点も重要です.制限時間は5分.短いようで長いこの時間をどのように使うか.なかなか難しいです.

ラクーンは今年の春から取り組んできた竹林整備を中心にした活動を発表します.北陸地区からは金沢大学のラクーンが唯一の出場.ぜひ北陸でも環境に取り組む大学生がいるのだと,全国の大学生に知らせて来てください.

コンテストの日程は12月26日,27日.
その前日の今日,彼らはプレゼンのパワーポイントづくりに頭を悩ませていました.

R0015205.jpg

R0015206.jpg

大丈夫やろか?
まぁ,私としてはコンテストの成績にはあまり興味はありません.それよりも全国の他大学の学生が,どんな意識で,どんな活動に取り組んでいるのか,肌で感じて来るのが大切です(ですので,彼らには去年も出場を勧めました).
ぜひ,この感想を聞かせてほしいと思っています.

なにはともあれ,がんばってきてください.

中村晃規 (2009年12月25日 23:43) | コメント(0)

キツネ

昨日,里山メイト,棚田グループのKさんから連絡がありました.
「田んぼの入り口の公園でキツネが死んでました.かわいそうなので埋めました」とのことです.
角間キャンパスで動物の死体が見つかると,同じ里山メイトのTさんはいつも資料として活用できるよう,大阪の博物館に送ります.
今回もTさんに電話をし,事情を説明したところ,送ることになりました.
とりあえず掘り出し,体を洗おうと角間の里に持ってきたのがこちらのキツネ.

R0015182.jpg

鼻先からしっぽの先まで,1mくらいのまだ子どものメスの個体でした.
先日積もった雪の上に残された足跡などの状況からTさんが推理したのは,

(1) キツネは他のキツネ(兄弟?)と遊んでいた.
(2) そこを犬に襲われ,脇腹をかまれた.
(3) 山に逃げ込もうとしたが,その途中力尽きた.

ということです.

キツネは明日,大阪に送られます.

中村晃規 (2009年12月24日 00:00) | コメント(0)