HOME »  むしとりあみ通信 »  2009年6月

むしとりあみ通信

氏名:中村晃規
専門:生態学
里山の動植物の話題,自然学校の日々の活動で感じたことなどを伝えます

2009年6月

竹チップ発酵肥料

先週の金曜日(6月12日),共通教育で里山をフィールドに講義を受けている学生さんたちと竹チップをつくり,発酵肥料づくりにチャレンジしてみました.
材料は竹3本分程度の竹チップ,米ぬか土嚢袋1袋分,砂糖1kg.これに竹やぶで集めた土着菌がついていそうな枯葉,腐った竹を混ぜます.
混ぜた後,軽く握って固まるくらいに水をかけ,ブルーシートで包みます.

週があけて16日,どのようになっているかチェックしました.

IMG_6956.jpg

全体に薄く,白い綿毛のような菌がひろがっていました.

IMG_6958.jpg

温度を測ると50度を超えています.
で,においはなんだか酸っぱいような,臭いような.でもイヤではないにおい.
納豆のような気もするし,ヨーグルトのような感じでも.乳酸菌発酵?でしょうか?
よくわかりませんが,腐敗臭ではなさそう.
水分が足りない様子だったので,ホースで十分に水をかけました.

そして今日,6月18日の様子.

IMG_6974.jpg

白い菌はところどころに見えます.またにおいは前回のチェックと同じ臭い.少し弱まった気もします.

IMG_6977.jpg

温度は50℃.まぁまぁ順調な感じです.

もう少し温度があがったら,牛糞たい肥などを加えようかと思っています.

これまで竹チップの肥料は冬につくってきました.今回は夏にも作れるか,試してみているところです.気温が高いと,発酵する前に腐敗してしまいそうですが,現在のところ,問題なさそうですね.

中村晃規 (2009年6月18日 16:12) | コメント(0)

ウサギが来ました

角間の里にウサギが来ました.

ぴょこぴょこ裏庭を散策し,山に帰っていきました.

角間の里には,いろんな生き物がきます.
大学キャンパスの中です.

IMG_6959.jpg

中村晃規 (2009年6月16日 00:49) | コメント(0)

キタダンにゲンジボタル

6月2日のブログに書いたように,キタダンでは今年のホタル成虫の発生が始まっています.
昨日(6月5日)にはゲンジボタル成虫の発生を確認しました.
ゲンジボタル2個体,ヘイケボタルは前回から少し増えて23個体.
日が落ちるとまだ肌寒く感じるほどの気温なので,それほど飛翔・移動はしていません.

記念館の池と同様,キタダンでもモリアオガエルの産卵が始まっています.

IMG_6798.jpg

どの池の上でも,張り出した木の枝にモリアオガエルの泡巣をみることが出来ます.
よく探せば成体のカエルとも出会えます.

そんなキタダンの様子を見に訪れたところ,ふとクロサンショウウオの事を思い出しました.
「産卵された卵から幼生はちゃんとでたかな.育っているかな」と.
産卵のあった池をみると

IMG_6796.jpg

藻で水面が覆われ,中を覗うことが出来ませんでした.
今日は網も持ってなかったので断念.次回,網と水槽をもち,万全の状態で望みたいと思います.

ちなみに記念館の池では,今,クロサンショウウオの幼生と出会えます.

中村晃規 (2009年6月 6日 16:45) | コメント(0)

ホタル発生

昨日(6月1日),キタダンにてヘイケボタルの成虫の発生を確認しました.
気温が低かったせいか,ほとんど飛翔しませんでした.
谷全体をくまなく歩き6個体を確認しました.まだまだ少ないです.
6月中旬頃がピークではと予想しています.

中村晃規 (2009年6月 2日 15:25) | コメント(0)