HOME »  むしとりあみ通信 »  学習支援 »  ドングリの里親事業

むしとりあみ通信

氏名:中村晃規
専門:生態学
里山の動植物の話題,自然学校の日々の活動で感じたことなどを伝えます

ドングリの里親事業

11月20日
金沢市が金沢市学校エコプロジェクト指定校を対象におこなう事業,「ドングリの里親事業」の講師として招かれ,小学校児童を対象にお話をしました.
この事業は子どもたちが森林,里山の大切さや植物の生態などに対して理解を深め,自然環境保全意識の高揚を図ることを目的におこなうもの.
金沢市の里山を代表する樹木であるコナラなどのドングリを小学校の児童が自分たちの手で育て上げ,数年後に植樹するといった内容です.

5.jpg

今回の私の役割は,子どもたちにドングリのことや里山のことなどをわかりやすく解説することです.

IMG_4869.jpg

全部で3校がこの事業に参加しますが,今日はそのうち田上小学校での授業.
金沢市の担当者から子どもたちに向けて事業の概要の説明があり,その後を引き継いで「とんぐりって何だろう?」「里山ってどんなところ」の二つのテーマについてお話しました.
3,4限の時間を使って,長い長いお話になりましたが,子どもたちは飽きることなく,ノリもよく聞いてくれました.途中にクイズ形式の質問を入れたり,子どもたちの意見を聞くように工夫したのが良かったようです.

さて,このドングリの里親事業.自分の手でドングリを育てることは確かに自然に親しみ,身近な自然や里山を考えるきっかけになり,悪いことではないと思います.ただ,子どもたちはこの事業の中で3年かけて苗を育てます.この育てた苗をどうするのか,ここが大事だと思います.
角間の里山自然学校でも過去にドングリの苗を小学生と協力して,大学構内に植樹したことがあります.が,その後うまく世話ができず,今ではどうなったかわからなくなってしまっています.たいへん残念です.
子どもたちが時間をかけ,丁寧に育てる苗です.ぜひ無駄にすることなく,また誰もが納得できる形で活用できるよう,計画してほしいものです.

中村晃規 (2008年11月20日 14:38) | コメント(2)

コメント(2)

  • 田上小 山岸郁生 | 2008年11月28日 16:52

    中村先生
    先日もありがとうございました。

    子ども達もたいへん喜んでおりました。

    こんなページがあることを知り、うれしく思っております。
    早速、子ども達にもこのページの存在を知らせたいと思います。

    今後ともよろしくお願いいたします。

  • 中村晃規 | 2008年12月 2日 18:11

    田上小学校 山岸先生
    コメントありがとうございます.田上小学校の生徒は,5年生になると総合的な学習の時間に里山をテーマに学習をしてきました.現4年生が来年から里山での学習をするかどうかは,私にはわかりません.もし来年度から里山学習を始めるのなら,今回のドングリの里親事業を取り込み,活かす形で学習をすすめる方法があるのでは,と思っています.

    ドングリを中心に据え,ドングリをめぐる里山の自然環境,植物の分布,動物の生態,人の営みなど総合的に調べ,体験し,学習する.ドングリをとおして里山を観る.こんな総合学習ができる気がします.

    児童の皆さんにもよろしくお伝えください.質問がありましたら,気軽にお声をかけてください.