HOME »  むしとりあみ通信 »  2007年9月

むしとりあみ通信

氏名:中村晃規
専門:生態学
里山の動植物の話題,自然学校の日々の活動で感じたことなどを伝えます

2007年9月

里山学習〜杜の里小学校 総合的な学習の時間〜

杜の里小学校の5年生が,総合的な学習の時間に里山を訪問しました.
本来なら夏休み前に一回里山を歩き,テーマを決め,そして9月にもう一度里山に入る予定でしたが,前回は雨のため中止.
ですので杜の里小学校にとって,今回が初めての里山探検でした.

IMG_9856-01.jpg

「自分で選んだテーマに沿って,里山を調べてきなさい」と夏休みの宿題が出ていたため,一部の子どもは夏休みに里山に入っていました.夏休み中,自然学校(角間の里)に4回も訪ねてきて,いろんな質問をしていった熱心なグループもありました.

ところで杜の里小学校の子どもたちは次のようなグループに分かれて里山学習をすすめていきます.

(1)ごみ,(2)空気,(3)森林,(4)木の実,(5)竹,(6)虫,(7)鳥,(8)ほ乳類,(9)花,(10)野草.

各グループは質問を準備しており,サポートのメイトさんは質問攻めにあっていました.

IMG_9861-01.jpg

専門的で難しい質問もあり,私もタジタジ.「わからないからインターネットとかでも調べてみて」としか答えられないことも...もっと勉強しなきゃ...と思わされたり.

花のグループは植物採集後,角間の里で押し葉標本を作っていました.

IMG_9869-01.jpg

中村晃規 (2007年9月12日 13:46) | コメント(0)

「ビュン!!」ととぶ竹とんぼ

縁あって先々週から子どもを対象に,自然に触れる講座を某カルチャーセンターで担当しています.
里山の自然,昆虫のお話しなどなど講義もやるのですが,やっぱり工作の方が楽しんでくれます.
竹を使って箸や竹とんぼを作ってみました.もちろん小刀を使って.ですが,竹とんぼづくりは難しく,飛ぶものは作れませんでした.
子どもから「良く飛ぶ竹とんぼを作りたい」との要望があったので,国際竹とんぼ協会が販売している「スーパー竹とんぼキット」を購入してみました.

IMG_9798-01.jpg

このように竹とんぼの羽根,軸,サンドペーパー,作り方がセットになっています.

子どもに教えるために今日は自分で作ってみました.羽根部分の全長は9cmほどです.

IMG_9797-01.jpg

特徴は外側に向かって羽根の幅が広くなっていること.おもりが埋め込まれていること.またプロペラのようにひねりが有ることです.

飛ばしてみるとこれが良く飛びます.あっという間に角間の里の屋根より高く上昇し,ゆっくりと降りてきます.独特の羽根の形状が上昇する力を生み,埋め込まれたおもりにより,回転力が持続するようです.

面白くて何度も何度も飛ばしていたら,庭を飛んでいたトンボが仲間と間違えて寄っていきました.

中村晃規 (2007年9月 3日 16:53) | コメント(2)