HOME »  むしとりあみ通信 »  炭焼き窯プロジェクト »  小屋がけ〜その2日目

むしとりあみ通信

氏名:中村晃規
専門:生態学
里山の動植物の話題,自然学校の日々の活動で感じたことなどを伝えます

小屋がけ〜その2日目

小屋がけの二日目.この日は屋根の棟木を完全にあげ,垂木を渡す作業になりました.
屋根のてっぺんが予定より高くなり,脚立も届かなくなったので横木にはしごを渡し,その上での作業です(写真1枚目.横木にはしごを渡したところ).


PC130069.jpg

はしごに登り,まずは棟木を固定し,そこから斜めに垂木を渡していきます(写真2枚目).


PC130072.jpg

上からかぶせる防水シートが雪の重みでたわまないよう,大体30cm間隔で固定していきます.
約3mの竹を屋根の片面に16本.合計32本を使います.竹を切り出しつつ,固定していくといった作業でしたので,全部の垂木を固定することは出来ませんでした.
この日の作業で出来たのがこちら(写真3枚目).


IMG_8020.jpg

昨日の状態に比べ,かなり小屋らしくなりました.また前日はまだまだグラグラしていたのですが,垂木を渡したり,側面に斜めに竹をいれたりして,ぐらつきもほとんどありません.簡単な作りですが,しっかりした骨組みになりました.
次回は屋根を仕上げ,防水シートをかぶせます.そこまでできたら,一応の完成です.

中村晃規 (2006年12月13日 16:19) | コメント(2)

コメント(2)

  • リャオ | 2006年12月18日 21:39

    お疲れ様でした~
    良い炭焼き窯を楽しみにしています。
    小屋がけについてのことを更新し続けてください。

    ところで、雪はまだ積もっていません。
    今年は去年より遅くなりますね。

  • 中村晃規 | 2006年12月25日 17:18

    リャオさんお久しぶりです.みんな頑張ってつくりましたよ.肝心の炭窯はまだ時間がかかりますが...3月か4月,春になれば出来上がるはずです.
    作り始めてから,やらなくてはいけないことがたくさん,たくさんあることがわかりました.ゆっくりした活動ですが,台湾から応援してください.