HOME »  むしとりあみ通信 »  2006年1月

むしとりあみ通信

氏名:中村晃規
専門:生態学
里山の動植物の話題,自然学校の日々の活動で感じたことなどを伝えます

2006年1月

台湾訪問記(1)

1月5日から11日までの台湾出張.毎日がエキサイティングで充実しておりました.充実しすぎて台湾からネットの書き込みをする時間もなく,楽しみに待っていた方(いたかな?)には申し訳ありませんでした.
で今日はどんなところに行ったのか,旅行日程を紹介します.

1月5日:金沢→大阪(サンダーバード40号,雪のため1時間遅れ)

1月6日:大阪難波→関西空港(ラピートβ)→台北(エバ航空2131便)→台湾師範大学宿舎入り

1月7日:苗栗県三義「三義Y箱寶」,苗栗県苑裡「華陶窯」,「泉順食品企業股彬有限公司(山水米)」,「旧山線勝興車站周辺地区」を「觀樹教育基金會」の案内で視察→三義、「民宿福田瓦舎」泊

1月8日:彰化県台中「緑色環境學習営地(自然教育学習センター)」を「觀樹教育基金會」の案内で視察→彰化県鹿港「文化保存地区」視察→台湾師範大学宿舎入り

1月9日:台湾師範大学環境教育研究所にて「角間の里山自然学校」と「金沢大学社会貢献事業」の取り組みについて講演→環境教育研究所内施設を視察→台湾師範大学「学術発展センター」表敬訪問→台湾師範大学学長代理表敬訪問→台湾師範大学生命科学系研究室訪問,視察

1月10日:台北県石碇「二格山自然センター」視察→台北県深坑「深坑国民小学校」視察

1月11日:台北→関西空港(エバ航空2132便)→新大阪(はるか24号)→金沢(サンダーバード25号)

次回からは訪問先それぞれについて写真とともに紹介していきます.

何も写真がないのは寂しいので,今日の写真.

taiwan-01.jpg

国立台湾師範大学「行政大樓」と、その前にたたずむ蒋介石の銅像です.台湾師範大学は日本時代の高等学校の校舎を利用して設立されています.
ところで,金沢にお住まいの皆さん,この建物どこかで見たことありませんか?
実はこの「行政大樓」,石川県旧県庁にそっくりなのです.それは外観だけではありません,入り口や階段の様子=写真二枚目と三枚目=や廊下=写真四枚目=もよく似ていますね.

taiwan-02.jpg

taiwan-03.jpg

taiwan-04.jpg

同じ時代の建物だからか,設計士が同じ人なのか,これほどまで似ている理由は私は知りません.
どなたかご存じではありませんか?

中村晃規 (2006年1月16日 16:33) | コメント(4)

新年あけましておめでとうございます

yoru-yuki.jpg

みなさん,あけましておめでとうございます.
「角間の里」も今日から開館し,2006年の活動が始まりました.今年もどうか宜しくお願いします.

それにしても雪がよく降ります.今も外でしんしんと静かに積もっていっています.
この写真は角間の里の前庭.子どもが作ったかまくらの上に新しい雪が降り積もり,なんだか日本庭園のような感じになっています.

今日は一日,台湾出張の準備に追われていました.持ち物の買い出し.出発前に終えておかなくてはいけない仕事をやったり,なんかせわしなく過ごしました.
台湾では現地の環境教育施設や大学の環境教育研究室を訪問する予定.この様子については,現地から書き込みするつもりです.
台湾は,今日本の春のような気候だそうで,雪の金沢を脱出し,ぬくぬくとしてきますね.
それでは,また.

中村晃規 (2006年1月 4日 11:51) | コメント(1)