HOME »  むしとりあみ通信 »  2005年12月

むしとりあみ通信

氏名:中村晃規
専門:生態学
里山の動植物の話題,自然学校の日々の活動で感じたことなどを伝えます

2005年12月

写真発掘プロジェクト(2)〜下角間町の変化〜

今回,田上町に住む里山メイトさんから提供された写真を紹介します.
この方は偶然にも,昭和47年から平成2年まで,数年の間隔で同じ場所から下角間町をカメラにおさめていました.
並べてみると,大学の移転に伴う町の変化,山の変化がよくわかります.
写真はクリックすると大きくなります.


kame-S47-18.jpg


昭和47年.奥に見える集落が下角間町です.田んぼには大きな「はざ」があるのがわかります.はざの中に一カ所白い四角が見えますが,これは風抜きの窓.これだけ大きなはざになると,窓がないと倒れてしまうそうです.


kame-S47.jpg


同じく昭和47年.カラー写真です.こちらにははざが無く,集落の家がよく見えます.


kame-S61.jpg


昭和61年.金沢大学移転のための造成工事が始まっています.背景の山の斜面が削りとられて土が見えています.


kame-H02.jpg




平成2年.大学の施設(エネルギーセンター,中央図書館など)が建ち,下角間の町はなくなりました.手前にみえていた棚田も耕作されておらず,荒れています.




naka-H17.jpg


最後に平成17年(現在)の写真(これだけは私が撮影しました).
手前,右にある建物は「環境保全センター」.左の竹やぶが拡がっています.その下は学生用の駐車場.町があった場所には,鎮守の森だけが残っています.


中村晃規 (2005年12月27日 17:41) | コメント(2)

おかがみさん

久しぶりに何の行事もない土曜日.お昼前まで寝坊を決め込み,午後から活動しはじめました.
自分の用事を済ますため,車を街方面に走らせましたが...これまでの大雪で至る所に大きな雪の山が出来ていて,見通しの悪いこと悪いこと.しかも駐車場の除雪も充分でなく,駐車するのも一苦労.さらにクリスマスの人手が重なり,なんだかひっちゃかめっちゃか.

3時頃角間の里に来ると,メイトさん3名とスタッフがこんな準備を.

kagamimoti.jpg


すこし気が早いのでは?と思いましたが,来週には記念館も年末・年始の休暇.今日しかお飾りする日がないんですね.
この地域の鏡餅の特徴は,紅白のお餅を使うこと.私の実家(三重県)では白餅だけしか使いません.

他の地方ではどうなんでしょうか?いろいろとバリエーションありそうですね.

中村晃規 (2005年12月24日 15:51) | コメント(0)

写真発掘プロジェクト(1)〜昭和21年航空写真〜

S21-kakuma.jpg
シンポジウムなどなど終わったところで,そろそろ集めた写真を紹介していきます.
まず最初は田上小学校で見つけた航空写真.角間周辺,昭和21年の写真です.
田んぼが広く拡がり,山の谷には全て棚田が作られている様子がわかります.
写真右上角に見える集落が「上角間」.その左やや下に見える集落が「下角間」です(それぞれ「奥角間」,「口角間」とも呼ばれていました).

次回からはこの航空写真に写っている地域の昭和20年代,30年代の写真を紹介していきます.

中村晃規 (2005年12月21日 18:45) | コメント(2)

かんじきトレッキング

シンポジウム,駐村研究員会議も終わり,やっと一段落.
晴れ間を見つけ,かんじきを履いて雪の里山を歩いてきました.

yuuhodou.jpg










深い雪が積もった遊歩道を「ギシギシ」「ぎゅ!ぎゅ!」と歩き.
miharasidai.jpg

見晴らし台まで約1時間.着いた時には天候が悪化し,また雪が降り出していました.













usagi.jpg

途中にはウサギの足跡がたくさん.里山に手が入らなくなってから,ウサギも増えたとか.皆がウサギ刈りをしなくなったからでしょうか?(ウサギ刈りについては,見つけ出した古い写真とともに「そのうち」お伝えします)

短い時間でしたが忙しさから解放され,楽しい時間を過ごせました.





ところで,この雪の重みで竹林はこんなことに.

ore-take.jpg

遊歩道を塞いでしまっています.春にはきちんとした整備が必要です.

中村晃規 (2005年12月20日 18:04) | コメント(0)

(しつこいが)雪

今日の朝は素晴らしい快晴でした.きらきらと光を反射する雪がまぶしく,真っ青な空と素晴らしいコントラストを見せていました.
今日のような景色は,一年のうち何回みれるのでしょうか?記念館について,夢中でデジカメのシャッターを押しました.

kinenkan-yuki.jpg

kinenkan-yuki02.jpg

daigaku.jpg

haza.jpg

sora.jpg

syouji.jpg

ときどきこんな景色に出会えるから面白い!!除雪車が来てなくて車で記念館までたどり着けなくても,雪かきで体が痛くなっても,こんな楽しみが味わえるなら...

中村晃規 (2005年12月15日 19:09) | コメント(1)

不意の雪

kakumanosato02.jpg
一昨日から降り続く雪で,角間の里周辺も,角間の里山も一面真っ白になりました.
天気予報はみていたのですが,「まだまだ大丈夫.降っても積もらん!」とタカをくくっていたら...写真の通り,「ドカッ」と積もりました.
週末のシンポジウムに向けてあわただしく,いろいろとバタバタしているところ,追い打ちのような雪です.明後日から始まる看板設置,物品搬入作業に支障が出なければ良いのですが...

生態学研究室のメンバーからは,「調査のために山に入るからかんじきを貸して」との電話.
私もシンポ終了後には,かんじきを履いて里山に仕掛けた「竹筒トラップ」を回収しなくてはいけません.

中村晃規 (2005年12月14日 17:22) | コメント(2)