HOME »  むしとりあみ通信 »  2005年11月

むしとりあみ通信

氏名:中村晃規
専門:生態学
里山の動植物の話題,自然学校の日々の活動で感じたことなどを伝えます

2005年11月

おばあちゃん昔語り〜聞き取りメモ〜

memo.jpg
午後から田上町のおばあちゃんに,昔の暮らしについて2回目の聞き取りをしました.
聞いたことを忘れないよう,ここにちょっとメモしておきます.里山とは関係ないことも書きますが,気にしないでください.

・田上の炭焼き:ミナミダンだけ.田上に住む4人の方がやっていた.時期はおばあちゃんが結婚した頃(昭和のはじめか?).キタダンでは炭焼きはしていない.
・養蚕:数戸がやっていた.子どものころから戦前まで.戦後はやっていない.
・ニンブ:下田上の住人の協同作業.田植え,稲刈りや水路の掃除など.
・アルキ:村の行事を村内にふれて回る仕事.
・ホエ(ホイ):「細い枝」の意.毎年秋に里山の森に入り,枝を拾った.自分の家の焚きつけにするだけでなく,売った.
・バギ:「割り木」の意.
・角間:里山から薪をとって町に売った.炭焼きはしていない.俵の人たちは,角間の山に生える木を買い,伐採し,持ち帰って炭焼きをした.「今年はこの範囲」という買い方→角間の里山利用を知るためには,俵の人からも聞き取りをする必要がありそう.
・田上の里山利用:秋にはホエとり.春先に下草刈りと落ち葉かき.おばあちゃん曰く「秋には落ち葉がないからや」.秋が短く,冬が早いため?1年間の山仕事スケジュールを他の方からも聞き取る必要アリ.
・イズミ:集めた落ち葉を担いで山からおろすための道具.畳一畳くらいの大きな手提げカバンのような形.ワラで作った.落ち葉を一杯に入れると重くて大変.
・田上の「百枚田」:イッチョウジの近くに広い棚田があった.千枚田ではなく「百枚田」.
・1976年ごろにプロパンの使用が始まった.そのころまでは薪を使っていた.
・ホエ,薪,野菜,ワラなどは小立野方面に売りに行った.

今,覚えていることのメモです.後はボイスレコーダの録音を聞きながら,情報を拾います.

中村晃規 (2005年11月29日 19:10) | コメント(3)

古い写真 〜田上小学校訪問〜

tagamisyou-.jpg

先日のブログで書いた「角間周辺の古い写真集めプロジェクト」は,少しずつ,ちゃくちゃくと枚数が集まっています.
田上公民館からは,全部で21枚のモノクロ写真に加えて,1984年から87年にかけて角間の造成地を撮影したスライド,約250枚をお借りできました.また,里山メイトの方から,昭和39年の角間の写真2枚をお借りしています.
今日は田上小学校に保存してある卒業アルバムを見せていただきました.昭和初期から現在まで,モノクロとカラーの入り交じった写真は見ているだけで時間が過ぎ,田上小学校の移り変わりがよくわかる物でした.残念ながらほとんどが学校の行事の様子や遠足などでの記念写真でしたが,中には学校近くの風景が写り込んでいる写真もあり,それらはスキャンして取り込むことにしました.
こうしたアルバム以外に,先生が資料室から出してくださったのが航空写真のパネル.昭和21年,昭和52年,平成元年,平成3年,そして平成15年のパネルがありました.
このうち,昭和21年と平成15年とを比べると,角間周辺の地区がここ60年ほどの間にどれだけ開発されたか,よくわかります.この2枚のパネルはお借りして,しばらくの間記念館に展示することにしました.
さて,アルバムをめくっていると面白い物を見つけました.それは昭和59年の読売新聞の切り抜き.「大学がやってくる(10)」という記事.当時角間町から田上小学校に通う男の子のお話しです.引用して紹介します.

ー裏山が遊び相手だいー
近頃は珍しくなったが,どこの学校にもわんぱく少年がいる.「けんかが強いという意味ではない.”自然児”が一番ぴったりな表現か.***(名前.ここでは伏せます)君は,間違いなくその一人だろう.金大移転で”消滅”する金沢市角間町から田上小学校に通う.いま六年生.
***君の自慢は「山の探検」だ.学校から帰っても,家でじっとすることはまずない.一目散に周りの山へ走る.
トンボとり,木登り,ツルにぶら下がって”ターザン”ごっこ.わずか十八戸の角間町には,***君を含め,小学生は三人しかいない.山が遊び相手なのは,友達がいないせいもあるが,「アケビの実がなっているいる場所,たくさんしっとるぞ」などと級友に話す***君の目は得意気だ.
ー角間の子は学校の宝ー
田上小は,金沢のドーナッツ化現象で年々児童の数が増えている.都会っこにとって,***君の話はやっぱり新鮮に映る.「角間の子がいてくれるのは,学校にとっても貴重なんですよ」と,校長の***さんはいう.
昨年一月,こんな事があった.角間からの通学路になっている山道が雪で不通になった.道幅が二メートルしかないので,除雪車が入れない.***君らは仕方なく,三倍近い,三キロも回り道をして学校へ通った.
その時,***さんはイキな遠足を計画した.五十センチの雪に埋まった山道を”遠足”で踏み固め,通れるようにしようというわけだ.
=中略=
・・・こんな楽しい行事が出来るのもあと何回になるか.角間の町は早ければ三年後には姿を消して新キャンパスの敷地になる.
ー開発の裏に光と影がー
「寂しくなるね」と***君はいう.
=中略=
金沢郊外ののどかな山間は,間もなくブルドーザーのごう音に包まれる.(おわり)

なかなか面白い記事です.当時の角間町の子どもがどんな生活をしていたか,断片が見えてきます.この記事は「大学がやってくる」シリーズの第10回目.他はどのような記事だったのか,興味がわいてきました.昔の新聞は,図書館に行けば閲覧できるはずです.なんとか全部をあつめ,記念館に残したいと考えています.

中村晃規 (2005年11月28日 19:35) | コメント(1)

おばあちゃんの昔語り

里山メイトの亀田さんの協力で,田上町に住むおばあちゃん二人に田上町の昔のくらしについてお話しを聞きました.
これは来月に企画している「おばあちゃんの昔語り 〜角間の昔を聞く会〜」の準備のため.おばあちゃんがどんな話が出来るのか,またどんな話が得意なのかを知るためです.また,角間キャンパス内の里山がどのように利用されていたか,地元の方から聞き取り,記録をとるといった意味もあります.
おばあちゃんは楽しそうに,懐かしそうに,次のような話をしてくださいました.

・耕作用の馬の借り入れについて
・下肥を小立野にもらいに行ったこと
・ワラを担いで町に売りに行ったこと
・その帰りに町で魚を買ったこと(魚は高くて,ワラを売ったお金では,充分な数買えなかった)
・子どものお手伝い(薪拾い,畑仕事,蚕の世話など)
・ミナミダンの炭焼き
・虫の針(これはマムシの牙のこと)で腫れた時の治し方:おまじないとカミソリで毒気を抜く(?)
・夏休みに高校生が先生になり,小学生の宿題を見ていたこと
・キタダン,ミナミダンの山は手入れが行きとどき,とてもきれいだったこと
・下田上と上田上の方言の違い
・おばあちゃんが子どもの頃,田上で養蚕をしていたこと
・コウゾを栽培して,紙をつくっていたこと
・「つぶら」の使い方
などなど

こんなお話しを,昔ながらの方言で,ゆっくりと,ニコニコしながら,ユーモアたっぷりに聞かせてくださいました.
12月10日の会までに,あと2回ほどお会いして話を聞く予定です.面白いお話しがあったら,ここでも紹介しますね.

中村晃規 (2005年11月25日 17:05) | コメント(0)

古い写真〜続報〜

「古い写真を集めようプロジェクト(仮)」の進捗状況を.
11月6日の読売新聞に記事が載り,それをごらんになった田上小学校の先生から連絡がありました.
田上小学校にある卒業アルバム(かなり昔のものが保存されている)を閲覧させてくれるそうです.
近いうちに都合をつけ,ゆっくりと見てこようと思います.
この動きに合わせ,「田上のお年寄りから昔話を聞く会」も開催できそうです.昔の暮らしの様子や里山のお話し,田上地区に伝わる民話(昔話)をお話ししてくれる方が見つかりました.現在,12月10日に会をもてるよう,準備中です.

進展がありましたら,このブログに書き込んでいきますのでお楽しみに.

中村晃規 (2005年11月11日 15:56) | コメント(0)

金大祭〜もちつき〜

omoti-01.jpg
本日から金大祭がはじまりました.大学構内には大学サークルなどの模擬店が並んでいます.
その中に理学部生物学科1年生が「つきたておもちやさん」を出店しました.自分たちで餅つきをするのは始めてという彼ら.自然学校と里山メイトは相談を受け,下準備からもちの付き方,つきあがったモチのちぎり方など全面的に指導をしてきました.始めは「本当に大丈夫なのか?」と教える方も教わる方も不安でしたが,本日なんとか形になりました.

6日(日)にも彼らは出店します.金大祭に立ち寄った際には,ぜひおもちを買ってあげてください.

omoti-02.jpg

中村晃規 (2005年11月 3日 10:59) | コメント(0)

古い写真

haza-w&b.jpg
地域に埋もれている古い写真を発掘し,角間周辺の昔の様子や里山の使われ方,人々の暮らしをひもとく調査がはじまりまました.手始めに今日は地元の公民館に出かけ,公民館が所有する古い写真を見せていただきました=写真=.
村祭りの様子や小学校の運動会,学芸会の写真,卒業式の記念写真などに混ざり,田んぼとはざの様子を写した写真や馬を使った耕起作業の様子,里山の写真が数枚ありました.第一回目の調査としては,なかなか良い出だしではないでしょうか.
残念ながら今日対応してくれた職員ではいつ頃の写真なのか詳細はわからないとのこと.後日,館長さんに詳細をお聞きする予定です.
uma-w&b.jpg

中村晃規 (2005年11月 1日 18:21) | コメント(4)