HOME »  里山の研究 »  里山Blog »  里山フライヤー »  角間の里山自然学校 »  「金沢の里山樹木100種」ー市民による樹木図鑑ー 完成!!

里山フライヤー

里山自然学校の最新情報を手作り感覚のフライヤー(ミニチラシ)でお送りします

「金沢の里山樹木100種」ー市民による樹木図鑑ー 完成!!

     「金沢の里山樹木100種」—市民による樹木図鑑—
                                     
       監修 梅林正芳、編集人 笠木哲也
                               が出版されました。

  —本邦初の図鑑の絵の描き方講習が行われ、その成果が図鑑になりました。—

 一般の方を対象に、植物に対する造詣を深めることを目的として、2006年5月に
「植物スケッチクラブ」を立ち上げ講習を始めました。このような図鑑の絵の描き方
の講習は―本邦初―のことです。対象とした植物は、金沢市近郊の里山でよく見ら
れる樹木約100種としました。本図鑑は、植物図を描くことが初めてという一般の方
約20名が、2006年5月から2年半に渡って植物を観察し描画した図をまとめたもの
です。

 一般的に植物を正確に描いた絵というと、「植物画」(ボタニカルアート)が思い
浮かびます。「植物画」は間違いがないとはいえ、植物の美しさを―そのまま描
写―した絵がほとんどです。
それに比して、図鑑の絵は植物の―形と構造を説明―することが目的の図です。
植物を観察し、知らなくては描けません。それゆえ、図鑑の絵を描くということは、
植物を理解するための大変有効な手段となります。このようなことからより多くの
人たちが植物、ひいては自然に対する造詣を深めることができたら意義深いと考え
教室を開きました。この図鑑が、自然に眼を向けてくれる人を一人でも多く増やす
ことの一助になり、また、里山の散策のお供となって少しでもお役に立てるのなら
ば望外の喜びです。

 「金沢の里山樹木100種」—市民による樹木図鑑—
 版型:A5版。130頁。 価格:1000円(税込み)
著者:植物スケッチクラブ・梅林正芳・笠木哲也    発行者:植物スケッチクラブ
● 掲載植物104種類。「植物スケッチの心得 —梅林正芳—」と
   「植物スケッチクラブの活動記録 —笠木哲也—」収録
【連絡先】
直接販売:金沢大学創立五十周年記念館「角間の里」
       〒920-1192 金沢市角間町      
 E-mail:kakusato@ad.kanazawa-u.ac.jp 
 Tel 076-264-6698  FAX: 076-264-6699)
送付希望:梅林 正芳 〒920-1192 金沢市角間町 
金沢大学理工研究域 自然システム学系(生物)
 TEL&FAX:076-264-6206 
 E-mail:umesan@kenroku.kanazawa-u.ac.jp

091208kanazawasatoyamajumokuzukan.jpg

笠木幸枝 (2009年12月 8日 12:04) | コメント(2)

コメント(2)

  • 高桑進 | 2009年12月10日 23:08

    金沢の里山樹木100種,素晴らしい本が出来ましたね。

    すぐにでも見たい気分です。
    ぜひ手に取ってみたい気持が致します。

  • 高桑進 | 2009年12月24日 16:14

    手に入れましたが、とても素人とは思えない正確なスケッチだと思います。

    100種類にこだわらず、今後もスケッチを続けて頂くと助かりますが。いかがですか?