HOME »  里山の研究 »  里山Blog »  里山フライヤー »  角間の里山自然学校 »  里なびミニシンポジウム&研修会 トキやコウノトリが再び舞い降りる地域づくり

里山フライヤー

里山自然学校の最新情報を手作り感覚のフライヤー(ミニチラシ)でお送りします

里なびミニシンポジウム&研修会 トキやコウノトリが再び舞い降りる地域づくり

 =====:里なびミニシンポ&研修会=====

 『トキやコウノトリが再び舞い降りる地域づくり』

    日時:2008年1月27日(日)8:20~12:00
    場所:能登半島里山里海自然学校(珠洲市:旧・小泊小学校)

                ----- 趣 旨 -----
   26日シンポジウムのエクスカーションとして、能登半島でトキがかって生息し
   ていた地域を、地域に在住する人々の案内で現地調査します。調査は「里地
   ネットワーク」のプロデュースのよって、地元学の手法を用いて行います。

                -----プログラム-----
   ミニシンポジウム
   進行:竹田純一 講師:中村浩二
   現地研修会
   里山里海自然学校で調査まとめ

                  -----趣旨-----
   能登半島でトキがかつて生息していた地域を、地域に在住する人々の
   案内で現地調査します。
   調査は「里地ネットワーク」のプロデュースによって、地元学の手法を用
   いて行います。
         ========================================

現地見学会ちらし

里なびミニシンポ&研修会


080127里なび現地.jpg

笠木幸枝 (2008年1月 9日 15:49) | コメント(0)