HOME »  里山の研究 »  里山Blog »  里山フライヤー »  角間の里山自然学校 »  ~能登半島にトキが舞う日をめざして~

里山フライヤー

里山自然学校の最新情報を手作り感覚のフライヤー(ミニチラシ)でお送りします

~能登半島にトキが舞う日をめざして~

      =====金沢大学「角間の里山プロジェクト」シンポジウム=====

   『里地里山の生物多様性保全~能登半島にトキが舞う日をめざして~』

       日 時:2008年1月26日(土)10:30~17:00
       会 場:能登空港4階 生涯学習センター
          (金沢大学から往復バスを準備します。事前に申込み下さい。)

翌日1月27日(日) エクスカーションを兼ねて環境省及び里地ネットワークの現地見学会が開催されます。
現地見学会の案内はこちら  

            -----趣旨-----
金沢大学では、里地里山の再生モデル構築のため、能登半島をトキが生息できる
ような環境にしようという取り組みを始めています。
このシンポジウムでは、生態学の研究者や地域づくりの活動をされている方々に、
コウノトリやトキの野生復帰に向けた活動の先進事例や、生きものと水田の関係
からみえてくる農業の価値などについて講演していただき、能登半島の里地里山の
再生・保全に向けた活動について、今後の方向性を議論したいと思います。

参加無料ですので、どうぞお気軽にご参加ください。

          -----プログラム-----
  ◇コーディネーターよりイントロダクションとして
    「里地里山の生態系と人間活動の歴史」
       湯本貴和(総合地球環境学研究所 教授)

  ◇基調講演
    「コウノトリ野生復帰に向けた豊岡での取り組み」
       池田啓(兵庫県大、コウノトリの郷公園 研究部長)

  ◇講演 (話題提供)
    「地域の自然の価値を創出するー生態系サービスの保全と活用に向けて」
       佐藤哲(長野大学 教授)

    「佐渡島のトキ野生復帰に向けた地域づくり」
       竹田純一(里地ネットワーク 事務局長)

    「トキが生息できる里山とはー佐渡島と能登半島の比較」
       本間航介(新潟大 准教授)

    「在地の農生物多様性の成因解析と特徴の活かし方
        ーやれるところからゆっくり再生、生き物ブランド農産物」
       日鷹一雅(愛媛大学 准教授)

    「農業生態系における鳥類の保全」
       藤岡正博(筑波大学 准教授)

    「トキが生息できる環境をめざした能登半島での取り組み」
       中村浩二(金沢大学 教授)
                          
【主 催】 金沢大学「里山プロジェクト」、金沢大学社会貢献室

【お問合せ先】 〒920-1192 金沢市角間町 
          金沢大学創立五十周年記念館 
          電話 076-264-6698
          E-mail kakusato@ad.kanazawa-u.ac.jp

チラシのダウンロードはこちらから


シンポチラシ小.jpg

笠木幸枝 (2007年12月12日 11:51) | コメント(0)