Home > 留学を希望する方へ > 入学手順

入学手順(出願と選抜等)

外国人が金沢大学へ入学する場合、以下の3つの方法があります。

学域生

◆学位が取得できるプログラム 正規生(学域生・大学院生)

出願資格

日本の国籍を有しない者(日本国の永住許可を得ている者を除く)で、次の(1)及び(2)に該当する者。

(1)次のいずれかに該当する者

  1. 外国において学校教育における12年の課程を修了した者及び平成30年(2018年)3月までに修了見込みの者又はこれに準ずる者で文部科学大臣の指定したもの
  2. スイス民法典に基づく財団法人である国際バカロレア事務局から国際バカロレア資格証書を授与された者で平成30年(2018年)3月31日までに18歳に達するもの
  3. ドイツ連邦共和国の各州において大学入学資格として認められているアビトゥア資格を取得した者で平成30年(2018年)3月31日までに18歳に達するもの
  4. フランス共和国において大学入学資格として認められているバカロレア資格を取得した者で平成30年(2018年)3月31日までに18歳に達するもの
  5. グレート・ブリテン及び北部アイルランド連合王国において大学入学資格として認められているジェネラル・サーティフィケート・オブ・エデュケーション・アドバンスト・レベル(GCE Aレベル)資格を取得した者で平成30年(2018年)3月31日までに18歳に達するもの
  6. 外国において,国際的な評価団体(ウェスタン・アソシエーション・オブ・スクールズ・アンド・カレッジズ,アソシエーション・オブ・クリスチャン・スクールズ・インターナショナル又はカウンセル・オブ・インターナショナル・スクールズ)から教育活動等に係る認定を受けた教育施設に置かれる12年の課程を平成30年(2018年)3月までに修了した者及び修了者見込みの者で平成30年(2018年)3月31日までに18歳に達するもの

(2)独立行政法人日本学生支援機構が実施する平成28 年度(2016 年度)又は平成29 年度(2017 年度)日本留学試験を受験した者(薬学類及び創薬科学類を除きます。)

入学後は「出入国管理及び難民認定法」別表第一に定める在留資格(原則として「留学」)の取得が必要です。「留学」以外の日本に長期で滞在できる在留資格でも入学・在学することはできますが,その場合,「留学」の在留資格を対象にした各種助成制度を利用できません。また,短期滞在ビザで大学に在籍し続けることはできません。

出願条件

(1)保健学類検査技術科学専攻については,日本留学試験において,指定された科目を受験し,その合計点の得点率が60%を超えていること,並びに,TOEFLにおいて,得点率が60%を超えていること。

(2)上記「2 出願資格(1)e」については,GCE Aレベル(General Certificate of Education, Advanced Level)試験において本学が指定する科目数や評価を満たしていることが必要です。出願に必要な科目数や評価については,金沢大学(入試情報)Webサイト(http://www.kanazawa-u.ac.jp/education/admission/)を確認してください。

出願資格の確認について

        

出願前に出願資格の有無について確認を希望する場合は、氏名、生年月日、国籍及び学歴(小学校入学から)を記載した書類、日本の高等学校に相当する学校の卒業(見込み)証明書及び成績証明書を送付してください。
 なお、これらの書類のうち、日本語又は英語以外の言語で作成されたものには、必ず日本語の訳文を添付してください。
【書類送付先
 〒920-1192石川県金沢市角間町 金沢大学学生部入試課入学試験係】

※日本留学試験
願書受付 2月頃(第1回)、7月頃(第2回)
試 験 日 6月(第1回)、11月(第2回)
試 験 地 国内:北海道、宮城、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、石川又は富山、静岡、 愛知、京都、大阪、兵庫、岡山又は広島、福岡及び沖縄
国外:14カ国

▼詳細については、下記へ直接お問い合わせください。

独立行政法人 日本学生支援機構
〒153-8503 東京都目黒区駒場4丁目5番29号
TEL:03-6407-7457
HP:http://www.jasso.go.jp/

出願手続

(1)学生募集要項の請求
学生募集要項の配布開始は例年、9 月下旬ですので、学生部入試課に請求してください。 郵送を希望する場合は、受信者の郵便番号、住所、氏名を明記し、350 円(大学案内も含む料金、要項のみは300 円)の郵便切手(日本 国内)を貼り付けた返信用封筒(角形2 号約33cm×約24cm)を同封のうえ、封筒の表に「私費外国人留学生募集要項請求」と朱書きし、請求してください。
資料発送は国内に限ります。海外から資料を請求される場合は、日本国内在住の代理人の方が請求してください。

(2)出願方法
提出書類は、出願期間内に学生部 入試課へ郵送してください。 郵送する際は、募集要項に添付の封筒を使用し、封筒の表の「私費外国人留学生」を赤○で囲んでください。

選抜方法等

大学入試センター試験を免除し,平成28 年度(2016 年度)又は平成29 年度(2017 年度)日本留学試験(薬学類及び創薬科学類を除く),学力検査等の成績及び書類審査の結果を総合して日本人とは異なる基準により選抜します。
志望する学域学類等が課す日本留学試験及び個別学力検査等をすべて受験しなければ失格となります。

学位の授与

本学を卒業した者には、学士の学位を授与します。

内容の詳細は7 月中旬発表予定の「入学者選抜に関する要項」及び、9 月下旬発表予定の「学生募集要項(特別選抜、私費外国人留学生)」で必ず確認してください。

入試情報Webサイト:http://www.kanazawa-u.ac.jp/education/admission/

pagetop

大学院生

出願資格

日本の国籍を有しない者で、次のいずれかに該当する者。

修士課程,博士前期課程,専門職学位課程(法科大学院)

(1)学校教育法第83条に定める大学を卒業した者及び入学する日の前日までに卒業見込みの者

(2)学校教育法第104条第4項の規定により学士の学位を授与された者及び入学する日の前日までに学士の学位を授与される見込みの者者

(3)外国において学校教育における16年の課程を修了した者及び入学する日の前日までに修了見込みの者

(4)我が国において、外国の大学の課程を有するものとして当該外国の学校教育制度において位置付けられた教育施設であって,文部科学大臣が別に指定する当該課程を修了した者及び入学する日の前日までに修了見込みの者

(5)外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修することにより当該外国の学校教育における16年の課程を修了した者及び入学する日の前日までに修了見込みの者

(6)文部科学大臣の指定した者

(7) 専修学校の専門課程(修業年限が4年以上であることその他の文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る。)で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以降に修了した者及び入学する日の前日までに修了見込みの者

(8) 学校教育法第102条第2項の規定により他の大学の大学院に入学した者であって、当該者を本学の研究科において、大学院における教育を受けるにふさわしい学力があると認めたもの

(9) 外国において学校教育における15年の課程を修了した者、我が国において、外国の大学における15年の課程を有するものとして当該外国の学校教育制度において位置付けられた教育施設であって、文部科学大臣が別に指定する当該課程を修了した者、又は外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修することにより当該外国の学校教育における15年の課程を修了した者であって、本学の研究科において、所定の単位を優れた成績をもって修得したと認めたもの

(10) 本学の研究科において,個別の入学資格審査により、(1)に定める者と同等以上の学力があると認めた者で、入学する月の前月末までに22歳に達したもの

(11) (1)から(10)の規定にかかわらず、学校教育法第83条に定める大学に3年以上在学した者であって、本学の研究科が定める単位を優秀な成績で修得したと認めたものは、修士課程、博士前期課程又は専門職学位課程(法科大学院)に入学することができる。

博士後期課程

(1)修士の学位又は専門職学位を有する者及び入学する日の前日までに取得見込みの者

(2)外国において修士の学位又は専門職学位に相当する学位を授与された者及び入学する日の前日までに授与される見込みの者

(3)我が国において、外国の大学院の課程を有するものとして当該外国の学校教育制度において位置付けられた教育施設であって,文部科学大臣が別に指定する当該教育課程を修了し、修士の学位又は専門職学位に相当する学位を授与された者及び入学する日の前日までに取得見込みの者

(4)外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修し、修士の学位又は専門職学位に相当する学位を授与された者及び入学する日の前日までに取得見込みの者

(5)文部科学大臣の指定した者

(6)本学の研究科において、個別の入学資格審査により、修士の学位又は専門職学位を有する者と同等以上の学力があると認めた者で、入学する月の前月末までに24歳に達する者

医学博士課程

(1)学校教育法第83条に定める大学(医学、歯学又は獣医学の課程に限る。)を卒業した者及び入学する日の前日までに卒業見込みの者

(2)学校教育法第104条第4項の規定により学士の学位を授与された者及び入学する日の前日までに授与される見込みの者(医学、歯学又は獣医学を履修した者に限る。)

(3)外国において学校教育における18年の課程(最終の課程が医学,歯学又は獣医学に限る。)を修了した者及び入学する日の前日までに修了見込みの者

(4)我が国において、外国の大学における18年の課程(最終の課程が医学、歯学又は獣医学に限る。)を有するものとして当該外国の学校教育制度において位置付けられた教育施設であって、文部科学大臣が別に指定する当該課程を修了した者

(5)外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修することにより当該外国の学校教育における18年の課程(最終の課程が医学,歯学又は獣医学に限る。)を修了した者及び入学する日の前日までに修了見込みの者

(6)文部科学大臣の指定した者

(7)学校教育法第102条第2項の規定により他の大学の大学院(医学、歯学又は獣医学を履修する博士課程に限る。)に入学した者であって、当該者を本学の医学系研究科において、大学院における教育を受けるにふさわしい学力があると認めたもの

(8)外国において学校教育における16年の課程(最終の課程が医学,歯学又は獣医学に限る。)を修了した者、我が国において、外国の大学における16年の課程(最終の課程が医学、歯学又は獣医学に限る。)を有するものとして当該外国の学校教育制度において位置付けられた教育施設であって、文部科学大臣が別に指定する当該課程を修了した者、又は外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修することにより当該外国の学校教育における16年の課程(最終の課程が医学、歯学又は獣医学に限る。)を修了した者であって、本学の医学系研究科において、所定の単位を優れた成績をもって修得したと認めたもの

(9)本学の医学系研究科において、個別の入学資格審査により、第1号に定める者と同等以上の学力があると認めた者で、入学する月の前月末までに24歳に達したもの

(10)(1)~(9)の規定にかかわらず、学校教育法第83条に定める大学の医学、歯学又は獣医学を履修する課程に4年以上在学した者であって、本学の医学系研究科が定める単位を優秀な成績で修得したと認めたものは、医学博士課程に入学することができる。

出願手続

各研究科専攻ごとに選抜方法、出願資格、出願書類、出願方法、出願時期が異なりますので、詳細は、希望の研究科に問い合わせてください。

お問い合わせ先

選抜方法等

各研究科専攻ごとに毎年試験日・試験方法が異なりますので、詳細は、希望の研究科に問い合わせてください。

お問い合わせ先

学位の授与

本学大学院の修士課程又は博士前期課程を修了した者には、修士の学位を授与します。本学大学院の博士課程又は博士後期課程を修了した者には、博士の学位を授与します。

学位を取得しないプログラム

非正規生(研究生等)

出願資格や選考方法は、学域又は研究科により異なりますので、各学域、研究科等へ直接お問い合わせください。お問い合わせ先一覧

pagetop

短期留学

日本語・日本文化研修プログラム

目的

参加学生の日本語能力の向上および日本社会・文化に対する理解を促進するとことを目的とした1年間のプログラムです。

対象者
  1. 海外の大学において、日本語・日本文化に関する教育を行う学部・学科の3,4年次に在学する者。
  2. 平易な文章の読み書きができる程度の日本語能力を有する者(日本語能力試験2級合格程度)。
  3. 日本研究に対し意欲的であり、1年間積極的な姿勢で本プログラムの学習に専念する意志を有する者。

金沢大学短期留学プログラム(KUSEP)

目的

日本語教育、英語による日本事情・日本文化及び各専門分野の授業科目を提供する1年間の特別プログラムです。

対象者

以下の4つの条件をすべて満たしている者。

  1. 金沢大学と交流協定等を締結している大学の学部3年次以上または大学院修士課程に在学している正規の学生 交流協定校
  2. 原則として、(独)日本学生支援機構の短期留学推進制度の奨学金応募資格を満たしている学生
  3. 講義内容を理解できる英語能力を有する学生
    なお,日本での生活を円滑に過ごすため、渡日前に100時間以上の日本語教育を受けていることが望ましい。
  4. 心身ともに健康である学生

金沢大学ショートセメスタープログラム

目的

金沢大学ショートセメスタープログラムは、日本語の授業および日本文化体験授業や、その他日本人学生と一緒に授業を受けるジョイントクラス等の選択科目においても、英語で授業が提供されるプログラムで、短期間で語学能力の向上を図ると共に、日本文化への理解を深めることができるプログラムです。

対象者

以下の4つの条件をすべて満たしている者。

  1. 金沢大学と交流協定を締結している大学の正規学生 交流協定校
  2. 原則として、(独)日本学生支援機構の短期留学推進制度の奨学金応募資格を満たしている学生
  3. 講義内容を理解できる英語能力を有する学生
    なお,日本での生活を円滑に過ごすため、渡日前に100時間以上の日本語教育を受けていることが望ましい。
  4. 心身ともに健康である学生

Home

留学を希望する方へ

金沢大学資料請求

お問い合わせ

金沢大学留学センター


PDFの閲覧には,Adobe Readerが必要です(無償)


pagetop
Copyright Kanazawa University. All Rights Reserved.

金沢大学 〒920-1192 石川県金沢市角間町