サテライト・プラザホームイベント情報>ミニ講演

【平成28年12月②】


 日 時 : 2016年12月17日
(土) 14:00~15:30
 場 所 : 金沢大学サテライト・プラザ
 講 師 : 
玉井信行NPO法人 辰巳用水にまなぶ会理事長,東京大学名誉教授,元金沢大学教授
 演 題 : 辰巳用水の持続性について考える 

お問合せ: 金沢大学サテライト・プラザ 金沢市西町三番丁16番地(金沢市西町教育研修館内)
        
 TEL076-232-5343 FAX 076-232-5383   E-mail  satellite@adm.kanazawa-u.ac.jp 

  藩政時代から現在に至るまで連綿として存続してきた辰巳用水を,持続性の観点から考えます。
 用水に大きな影響を与えた歴史的変化を,廃藩置県,第二次大戦後の農地改革,都市化に伴う区画整理,の三つに絞り,それらの変動に耐えた辰巳用水の特徴を考えます。
  戦後の二つの変革に曝されながら用水管理に当たってきた方から聞き取りをふまえ,用 水の実態について検証を進めながら,将来の持続性についても考察します。


【平成28年12月①】


 日 時 : 2016年12月11日
(日) 14:00~15:30
 場 所 : 金沢大学サテライト・プラザ
 講 師 : 
藤生 慎(金沢大学理工研究域環境デザイン学系助教)
 演 題 : 無人飛行機ドローンから見える世界 ~熊の発見から災害調査まで~ 

お問合せ: 金沢大学サテライト・プラザ 金沢市西町三番丁16番地(金沢市西町教育研修館内)
        
 TEL076-232-5343 FAX 076-232-5383   E-mail  satellite@adm.kanazawa-u.ac.jp 

  近年,無人飛行機(ドローン)による空撮が頻繁に行われています。ドローンは手軽に飛ばすことができ,これまで入手が難しかった情報を容易に取得することができるようになりました。例えば,災害時には迅速に被災地上空を飛行し,被災状況の全体を把握することが可能になるなど,ドローンには大きな期待が寄せられています。またドローンに搭載するカメラを変えることで,これまでの空撮画像とは異なる情報が取得可能となりました。

【平成28年11月】


 日 時 : 2016年11月26日
(土) 14:00~15:30
 場 所 : 金沢大学サテライト・プラザ
 講 師 : 
横山明彦(金沢大学理工研究域物質化学系教授)
 演 題 : 新元素ニホニウムって何? 

お問合せ: 金沢大学サテライト・プラザ 金沢市西町三番丁16番地(金沢市西町教育研修館内)
        
 TEL076-232-5343 FAX 076-232-5383   E-mail  satellite@adm.kanazawa-u.ac.jp 

  日本で発見されたという新元素の名前が今年の6月に発表されました。 母国の名前がついているので日本人としては嬉しい気がします。でもこの元素は一体 どんな元素なのか,元素発見の科学的な意義はどこにあるのか,また我々の生活に何 か役に立つのか等等。一般の人から見れば謎だらけではないでしょうか?その中身をわかりやすく説明してみたいと思います。
 

【平成28年10月】


 日 時 : 2016年10月2日
(日) 14:00~15:30
 場 所 : 金沢大学サテライト・プラザ
 講 師 : 
根本浩行(金沢大学国際基幹教育院外国語教育系教授)
 演 題 : オーストラリアの言語政策と言語教育 

お問合せ: 金沢大学サテライト・プラザ 金沢市西町三番丁16番地(金沢市西町教育研修館内)
        
 TEL076-232-5343 FAX 076-232-5383   E-mail  satellite@adm.kanazawa-u.ac.jp 

  多文化主義を掲げるオーストラリアでは英語以外の母語を持つ人々が多く存在しています。そのため,多言語共存に関する問題はいつしか国の政策として扱われるようになりました。本講演では,言語政策の歴史,移民者の言語維持とシフト,外国語教育,バイリンガル教育及び日本人学校(補習校)における教育を中心に,具体的な事例を用いて同国の言語政策と言語教育の現状を考察し,言語の多様性と社会のグローバル化について考えてみたいと思います。

【平成28年9月②】


 日 時 : 2016年9月18日
(日) 14:00~15:30
 場 所 : 金沢大学サテライト・プラザ
 講 師 : 
山本 洋(金沢大学国際機構准教授)
 演 題 : 江戸時代の軍書からみる関ヶ原合戦 ―史実と虚構― 

お問合せ: 金沢大学サテライト・プラザ 金沢市西町三番丁16番地(金沢市西町教育研修館内)
        
 TEL076-232-5343 FAX 076-232-5383   E-mail  satellite@adm.kanazawa-u.ac.jp 

 関ヶ原合戦に関するエピソードの中には,江戸時代に編纂された「軍書」によって作られているものが多く含まれています。これらの多くは小説やドラマなどを介して「史実」として理解されているものも少なくありません。この講演ではこれらのエピソードがどのように,そしてなぜ語られるようになったのか,関ヶ原合戦関連の軍書や一次史料などをもとに考えてみたいと思います。

★遠隔地教育システムを利用して
金沢大学珠洲サテライト(珠洲市民交流センター3階),小松サテライト(こまつビジネス創造プラザ内)へ同時配信します。

   

【平成28年9月①】


 日 時 : 2016年9月17日(土) 14:00~15:30
 場 所 : 金沢大学サテライト・プラザ
 講 師 : 
建石 徹(文化庁文化財部古墳壁画室 古墳壁画対策調査官)
        宮下孝晴(金沢大学名誉教授)
 演 題 : 奈良県明日香村の高松塚古墳とキトラ古墳の修復保存と公開

お問合せ: 金沢大学サテライト・プラザ 金沢市西町三番丁16番地(金沢市西町教育研修館内)
        
 TEL076-232-5343 FAX 076-232-5383   E-mail  satellite@adm.kanazawa-u.ac.jp 

金沢大学フレスコ壁画研究センターの国際貢献事業である南イタリア中世壁画群診断調査やシンポジウムにも参加協力していただいた文化庁文化財部古墳壁画室 古墳壁画対策調査官 建石 徹氏を講師としてお招きし,講演の後,元フレスコ壁画研究センター長の宮下孝晴名誉教授との対談を行います。
 国営飛鳥歴史公園及びキトラ古墳壁画体験館(壁画展示施設)の9月24日開園,開館に向けて」のお話です。対談テーマは,壁画の修復保存における日本とイタリアの比較,現状です。

 

【平成28年8月】
~夏休み企画②~

 日 時 : 2016年8月21日
(日) 14:00~15:30
 場 所 : 
金沢大学総合メディア基盤センター第2演習室
        (角間キャンパス 金沢市角間町)

         (会場にご注意ください。サテライト・プラザではありません。)

 講 師 : 
松浦義昭(金沢大学国際基幹教育院GS教育系講師)
 演 題 : 親子で学ぶRESAS(リーサス)講座
      私たちの住む町をデータから見てみよう!


 定 員 : 
26 30名  小学4年生から中学3その保護者

お申込み:●インターネットからのお申込みは
       https://open-learning.crc.kanazawa-u.ac.jp/kouza/list

      ●
インターネットからのお申込みが難しい方・キャンセル待ちをされる方は
       お電話で参加可能か確認の上,お申込みください。
            金沢大学サテライト・プラザ
                
TEL 076-232-5343    

お問合せ: 金沢大学サテライト・プラザ 金沢市西町三番丁16番地(金沢市西町教育研修館内)
        
 TEL076-232-5343 FAX 076-232-5383   E-mail  satellite@adm.kanazawa-u.ac.jp 

  私たちの住んでいる地域は,一体どのような特徴があるか知っていますか?人口構成はどうなっている?農産物として多いのは何?盛んな産業は何?等,地域の特徴はいろいろな統計データを見ることによって分かります。 この講座では,小・中学生を対象に,地域状況を「見える化」するためのツールである地域経済分析システム(RESAS)の活用方法を学び,私たちの住んでいる地域の様子を統計データを通して理解することを学びます。

===============================================
●定員 26 30名(小学4年生~中学3年生とその保護者 小学生は保護者が同伴してください)
●事前申込が必要


【平成28年7月】
~夏休み企画①~

 日 時 : 2016年7月30日
(土) 14:00~15:00
 場 所 : 金沢大学サテライト・プラザ
 講 師 : 
岩津 航(金沢大学人間社会研究域歴史言語文化学系准教授)
 演 題 : 南の鳥はどこに住めばいい?:『バーバパパ』のエコロジー

お問合せ: 金沢大学サテライト・プラザ 金沢市西町三番丁16番地(金沢市西町教育研修館内)
        
 TEL076-232-5343 FAX 076-232-5383   E-mail  satellite@adm.kanazawa-u.ac.jp 

  アネット・チゾンとタラス ・テイラーによるフランスの絵本シリーズ 『バーバパパ]  は,1970 年代に出版が始まって以来,現在に至るまでロングセラーを記録しています。自由に体のかたちを変えられる愉快なバーバパパ一家ですが,じつはとてもエコロジー意識が高いことを知っていますか。この講演では,『いえさがし』    『はこぶね』  などの代表作を取り上げて,自然と文明の共存という大きなテーマが,どのように表現されているか,一緒に読み解いていきましょう。

小学生以上・小学生は保護者が同伴してください。
 

【平成28年6月】


 日 時 : 2016年6月25日(土) 14:00~15:30
 場 所 : 金沢大学サテライト・プラザ
 講 師 : 
牛島 顕(金沢大学理工研究域数物科学系准教授)
 演 題 : 円周率で語る数学の視点

お問合せ: 金沢大学サテライト・プラザ 金沢市西町三番丁16番地(金沢市西町教育研修館内)
        
 TEL076-232-5343 FAX 076-232-5383   E-mail  satellite@adm.kanazawa-u.ac.jp 

 直径から円周の長さを求める際に用いる便利な数として円周率を捉えると,その「値」が知りたくなります。しかし,円周率の計算方法やその発展に関しては幾冊も出版されている書籍に譲り,この講演の主題とはしません。この講演ではむしろ,どの様な問題意識で円周率が研究されてきたかを,今日的な視点からお伝えすることを目指します。言い換えるなら,数学がどういうことを気にする学問分野であるかということの一端を,円周率を題材として,個人的見解ながらざっくばらんにお話しします。

★遠隔地教育システムを利用して
金沢大学珠洲サテライト(珠洲市民交流センター3階),小松サテライト(こまつビジネス創造プラザ内)へ同時配信します。


【平成28年5月】


 日 時 : 2016年5月29日
(日) 14:00~15:30
 場 所 : 金沢大学サテライト・プラザ
 講 師 : 
満保雅浩(金沢大学理工研究域電子情報学系教授)
 演 題 : 情報セキュリティってなんだろう?~ネット社会で安心にすごすには~

お問合せ: 金沢大学サテライト・プラザ 金沢市西町三番丁16番地(金沢市西町教育研修館内)
        
 TEL076-232-5343 FAX 076-232-5383   E-mail  satellite@adm.kanazawa-u.ac.jp 

  受け取ったメール,あなたにとって興味のある言葉が並んでいて,思わずクリックしたことがありませんか? 日本年金機構の情報漏洩事件は社会に大きな影響を与えました。不正サイトへの誘導,データの改ざんなど,ネットワークとそれにつながる電子機器には,様々な危険性が潜んでいます。生活に欠かせなくなっているこれらが正しく動作し,安心して利用できることが求められています。これらの危険性とその対策の一部を覗いてみましょう。
 

【平成28年4月】


 日 時 : 2016年4月16日(土) 14:00~15:30
 場 所 : 金沢大学サテライト・プラザ
 講 師 : 
荒井國三(金沢大学医薬保健研究域薬学系教授)
 演 題 : 骨粗鬆症 あなたの骨は健康ですか?

お問合せ: 金沢大学サテライト・プラザ 金沢市西町三番丁16番地(金沢市西町教育研修館内)
        
 TEL076-232-5343 FAX 076-232-5383   E-mail  satellite@adm.kanazawa-u.ac.jp 

現在,日本では約500万人もの骨粗鬆症の患者がいるといわれています。性別をみると女性に多く50代で21%,60代で48%,70代で67%,80代ではなんと84%もの高率です。骨粗鬆症は骨の中の構造が壊れ,骨は非常にもろい状態になり,折れやすくなる病気です。この病気は,がんや脳卒中,心筋梗塞などのような,直接,命を脅かす病気でもなく自覚症状が少ないため見逃されがちですが,この病気が原因の骨折は,寝たきりになる大きな要因となっています。この病気は,予防することが可能です。
 この講座では骨粗鬆症を解説し,さらにその予防の取り組みをお話しします。

★遠隔地教育システムを利用して
金沢大学珠洲サテライト(珠洲市民交流センター3階),小松サテライト(こまつビジネス創造プラザ内)へ同時配信します。


【平成28年3月】


 日 時 : 2016年3月6日
(日) 14:00~15:30
 場 所 : 金沢大学サテライト・プラザ
 講 師 : 
丸本由美子(金沢大学人間社会研究域法学系准教授)
 演 題 : 災害と扶助 ―17世紀加賀藩の困窮者対策とその後―

お問合せ: 金沢大学サテライト・プラザ 金沢市西町三番丁16番地(金沢市西町教育研修館内)
        
 TEL076-232-5343 FAX 076-232-5383   E-mail  satellite@adm.kanazawa-u.ac.jp 

江戸時代,病や加齢,災害,飢饉などで生活に行き詰まった者は,御上(おかみ)の扶助を受けられる場合がありました。その場合とは,扶助すべき血縁がおらず,近隣の地縁に繋がる者も支援する余力が無い――つまり,他に頼るべき相手がいないときです。
扶助の内容は時代・地域によって大きく異なりますが,加賀藩では,困窮者は藩が運営する施設に収容され,衣食住と必要な物資の支給を受けることができました。17世紀に置かれた困窮者収容施設=「非人小屋」が本講義の主眼です。

★遠隔地教育システムを利用して
金沢大学珠洲サテライト(珠洲市民交流センター3階),小松サテライト(こまつビジネス創造プラザ内)へ同時配信します。


【平成28年2月】


 日 時 : 2015年2月13日
(土) 14:00~15:30
 場 所 : 金沢大学サテライト・プラザ
 講 師 : 
松浦義昭(金沢大学人間社会研究域経済学経営学系講師)
 演 題 : この統計データ,どう読み解きますか?

お問合せ: 金沢大学サテライト・プラザ 金沢市西町三番丁16番地(金沢市西町教育研修館内)
        
 TEL076-232-5343 FAX 076-232-5383   E-mail  satellite@adm.kanazawa-u.ac.jp 


 統計データと聞くと「難しくてよくわからない・・・」とおっしゃる方はたくさんいます。
この講演では,地域経済分析システム(RESAS(リーサス))を用いて,世の中にあふれるさまざまな統計データをわかりやすく解説します。



【平成27年12月】


 日 時 : 2015年12月20日
(日) 14:00~15:30
 場 所 : 金沢大学サテライト・プラザ
 講 師 : 
青木真由美(金沢大学理工研究域数物科学系准教授)
 演 題 : 変身する謎の素粒子“ニュートリノ”

お問合せ: 金沢大学サテライト・プラザ 金沢市西町三番丁16番地(金沢市西町教育研修館内)
        
 TEL076-232-5343 FAX 076-232-5383   E-mail  satellite@adm.kanazawa-u.ac.jp 
 2015年のノーベル物理学賞は,ニュートリノに質量がある証拠となる“ニュートリノ振動”の発見によって梶田氏とマクドナルド氏に贈られました。ニュートリノとはどのような粒子なのでしょうか?そしてニュートリノ振動とは?幽霊粒子とも呼ばれ,宇宙の消えた反物質の謎を解く鍵を握っている素粒子“ニュートリノ”について紹介します。

★遠隔地教育システムを利用して
金沢大学珠洲サテライト(珠洲市民交流センター3階),小松サテライト(こまつビジネス創造プラザ内)へ同時配信します。


【平成27年11月】


 日 時 : 2015年11月8日
(日) 14:00~15:30
 場 所 : 金沢大学サテライト・プラザ
 講 師 : 
結城正美(金沢大学外国語教育研究センター教授)
 演 題 : いのちとつながる食卓

お問合せ: 金沢大学サテライト・プラザ 金沢市西町三番丁16番地(金沢市西町教育研修館内)
        
 TEL076-232-5343 FAX 076-232-5383   E-mail  satellite@adm.kanazawa-u.ac.jp 

 “We are what we eat”と言われるように,私たちの心身は日々の食事でつくられています。その食事,理想とされるのはおそらく〈安全〉な食材を使った〈栄養〉豊かなものでしょう。ビタミンや産地は気になっても,食べものの〈いのち〉に関心が向かうことは稀です。この講演では,現代の食卓に映し出された問題について考えます。石牟礼道子や梨木香歩の作品を道案内に,いのちとつながる食卓の呪術的でハイブリッドな世界ものぞいてみましょう。

★遠隔地教育システムを利用して
金沢大学珠洲サテライト(珠洲市民交流センター3階),小松サテライト(こまつビジネス創造プラザ内)へ同時配信します。


【平成27年9月】
~夏休み明け企画~

 日 時 : 2015年9月6日(日) 14:00~15:30
 場 所 : 
石川四高記念文化交流館(金沢市広坂2-2-5)と広坂通り周辺
          (会場にご注意ください。サテライト・プラザではありません。)
 
講 師 : 伊藤 悟(金沢大学人間社会研究域人間科学系教授)
 演 題 : 「夏に巡る金沢の冬」 ―最新技術を用いた四次元まち探検―

お申し込み:●インターネットからのお申込みは
            https://open-learning.crc.kanazawa-u.ac.jp/
        ●インターネットからのお申込みが難しい方・キャンセル待ちをされる方は
          お電話で参加可能か確認の上,お申込みください。
            金沢大学地域連携推進センター 金沢市角間町
                   
  TEL076-264-5272~5273    
 本ミニ講演では,GIS(地理情報システム)やAR(現実強化)技術を取り入れた最新システムを活用し,夏の金沢のまちなかを徒歩で巡りながら,冬の金沢の姿を見つめます。金沢の夏と冬におけるまちなみの違いなど,思いがけない発見があるでしょう。しかも,残暑の続くなか冬景色のなかに飛び込めば,間違いなくひと時の涼も得られるはず。ご自身のスマートフォンやタブレット端末が利用できますので,当日お持ち下さい。

===============================================
●定員 15名(小学年生~中学年生 ※ただし, 小学生は保護者同伴)

●事前申込が必要..
●その他:スマートフォンをお持ちでない方には貸し出しもできますので,申込みの際にその旨お伝えください (
ただし台数に限りがあります)。
●当日,傷害保険料として1人につき50円を徴収します
●☂雨天決行

【平成27年9月】


 日 時 : 2015年9月5日(土) 14:00~15:30
 場 所 : 金沢大学サテライト・プラザ
 講 師 : 
岩津 航(金沢大学人間社会研究域歴史言語文化学系准教授)
 演 題 : 帰郷と冒険の物語『オデュッセイア』の系譜~移民の時代を読む

お問合せ: 金沢大学サテライト・プラザ 金沢市西町三番丁16番地(金沢市西町教育研修館内)
        
 TEL076-232-5343 FAX 076-232-5383   E-mail  satellite@adm.kanazawa-u.ac.jp 

 古代ギリシアの叙事詩『オデュッセイア』は,主人公オデュッセウス(英語読みでユリシーズ)の「帰郷」と「冒険」という二つの大きな要素から出来ています。移民の時代となった20世紀以降,多くの作家がこの神話を取り上げ,さまざまな解釈をしています。故郷を離れて,別の土地へ向かうことを“冒険”と捉える文学作品もありますが,はたしてそれは冒険と言えるでしょうか? オデュッセウスを扱ったヨーロッパ文学の代表的作品の数々を紹介しながら,時代や文学者による解釈の違いや,この神話の現代的意義を考えてみましょう。

★遠隔地教育システムを利用して
金沢大学珠洲サテライト(珠洲市民交流センター3階),小松サテライト(こまつビジネス創造プラザ内)へ同時配信します。


【平成27年8月】②
~夏休み企画 ~ 

 日 時 : 2015年8月22日(土) 14:00~15:00
 場 所 : 金沢大学サテライト・プラザ
 講 師 : 
黒田 智(金沢大学人間社会研究域学校教育系教授)
 演 題 : 妖怪の歴史をウォッチしよう

お問合せ: 金沢大学サテライト・プラザ 金沢市西町三番丁16番地(金沢市西町教育研修館内)
        
 TEL076-232-5343 FAX 076-232-5383   E-mail  satellite@adm.kanazawa-u.ac.jp 

 ジバニャン,ウィスパー,じんめん犬,コマさん,ブシニャン,メラメライオン。この世で起きる不可解なできごとは,すべて妖怪のしわざと思っているあなた。そんな日本の妖怪たちのかつての姿を知ることができるのが,このお話です。傘お化け,大首,大蛇,怪鳥,飴買い幽霊。昔の妖怪やお化けたちとの出会いが,あなたの人生にどんな影響をもたらすのか。それは,私にも,お父さんにも,お母さんにも,学校の先生にも,・・・誰にも分かりません。

★遠隔地教育システムを利用して
金沢大学珠洲サテライト(珠洲市民交流センター3階),小松サテライト(こまつビジネス創造プラザ内)へ同時配信します。


【平成27年8月】①
~夏休み企画 ~ 

 日 時 : 2015年8月1日(土) 14:00~15:00
 場 所 : 金沢大学サテライト・プラザ
 講 師 : 
ロバート・ジェンキンズ(金沢大学理工研究域自然システム学系助教)
 演 題 : クジラとクビナガリュウが生み出す生命 -深海生物の進化の鍵-

お問合せ: 金沢大学サテライト・プラザ 金沢市西町三番丁16番地(金沢市西町教育研修館内)
        
 TEL076-232-5343 FAX 076-232-5383   E-mail  satellite@adm.kanazawa-u.ac.jp 

 約5億年前から「喰う・喰われる」といった食物連鎖がはじまりました。植物を食べた小動物が別の動物に食べられ,そして死んでいきます。死んだ動物もまた食べられて生命はグルグルと回っています。クジラや首長竜のような巨大な生物が死んだらどうなると思いますか?実はクジラの死骸は不思議な生態系を作り出すのです。そのような「喰う・喰われる」や「クジラやクビナガリュウの死後」を化石や現在の海の様子で見てみましょう。

★遠隔地教育システムを利用して
金沢大学珠洲サテライト(珠洲市民交流センター3階),小松サテライト(こまつビジネス創造プラザ内)へ同時配信します。


【平成27年6月】②


 日 時 : 2015年6月27日(土) 14:00~15:30
 場 所 : 金沢大学サテライト・プラザ
 講 師 : 
五十嵐正博(金沢大学名誉教授)
 演 題 : 沖縄の戦後70年そして今

   ★同時開催★
【 「沖縄の戦後70年そして今」写真展 】 6/24~29  

お問合せ: 金沢大学サテライト・プラザ 金沢市西町三番丁16番地(金沢市西町教育研修館内)
        
 TEL076-232-5343 FAX 076-232-5383   E-mail  satellite@adm.kanazawa-u.ac.jp 


 第二次世界大戦中は本土の「捨石」にされ,戦後は米国の統治下,「銃剣とブルドーザー」で土地を奪われ,日本国憲法も適用されなかった27年。1972年に本土復帰を果たしたものの,今も,在日米軍基地の74%が沖縄に集中し,それは沖縄の全面積の10%に相当します。
 くり返されてきた痛みの押し付け,本講義では,「沖縄の戦後70年,そして今」を解説します。後半は,ゲストに沖縄取材歴半世紀に及ぶジャーナリスト森口豁さんをお招きし,対談もします。
 「沖縄の戦後70年そして今」写真展が24日~29日までサテライト・プラザで開催されます。こちらにも足をお運びください。

★遠隔地教育システムを利用して
金沢大学珠洲サテライト(珠洲市民交流センター3階),小松サテライト(こまつビジネス創造プラザ内)へ同時配信します。


【平成27年6月】①
 珠洲サテライト発信

 日 時 : 2015年6月7日(日) 14:00~15:30
 場 所 : 珠洲サテライト(珠洲市民交流センター3階)
 講 師 : 宇野文夫(金沢大学地域連携推進センター特任教授)
 演 題 : 大学連携と世界農業遺産,能登の未来可能性

お問合せ: 金沢大学サテライト・プラザ 金沢市西町三番丁16番地(金沢市西町教育研修館内)
        
 TEL076-232-5343 FAX 076-232-5383   E-mail  satellite@adm.kanazawa-u.ac.jp 

 2011年6月,国連食糧農業機関(FAO)によって,世界農業遺産(GIAHS)に「能登の里山里海」が国内で初めて,佐渡とともに認定されました。あれから4年,能登では世界農業遺産をテーマに,農林漁業や伝統文化をめぐって多様な動きが広がっています。一方で,過疎・高齢化も大きくのしかかっています。新たな動きと課題が交錯する中,そこから見えてくる能登の未来可能性を探ります。

★遠隔地教育システムを利用して
金沢大学サテライト・プラザ(金沢市西町教育研修館),小松サテライト(こまつビジネス創造プラザ内)へ同時配信します。



【平成27年5月】


 日 時 : 2015年5月31日(日) 14:00~15:30
 場 所 : 金沢大学サテライト・プラザ
 講 師 : 佐藤政行(金沢大学理工研究域数物科学系教授)
      : 丸山武男
(金沢大学理工研究域電子情報学系准教授)
 演 題 : 
青色LEDと照明:白熱球から最新光半導体まで

お問合せ: 金沢大学サテライト・プラザ 金沢市西町三番丁16番地(金沢市西町教育研修館内)
        
 TEL076-232-5343 FAX 076-232-5383   E-mail  satellite@adm.kanazawa-u.ac.jp 

 
2014年のノーベル物理学賞は赤崎・天野・中村の3氏が青色LEDの発明で受賞しました。近年の地球温暖化問題への対策の一つとして,地球規模での照明の省電力化に大きく貢献することが評価されました。講演では,エジソンが発明した白熱球から今回受賞対象の青色LEDを含む最新の光半導体まで,その仕組みや開発の歴史をなるべくわかりやすく解説いたします。

★遠隔地教育システムを利用して
金沢大学珠洲サテライト(珠洲市民交流センター3階),小松サテライト(こまつビジネス創造プラザ内)へ同時配信します。



【平成27年4月】


 日 時 : 2015年4月25日(土) 
10:00~12:00  通常とは時間が異なります。お気をつけください。
 場 所 : 
金沢大学自然科学 1 号館 薬学プレゼンテーション室(角間キャンパス)
          (会場にご注意ください。サテライト・プラザではありません。)
 
講 師 : 佐々木陽平(金沢大学医薬保健研究域薬学系准教授)
 演 題 : 身近な薬草勉強会
      
お問合せ・お申込み : 薬学類・創薬科学類附属薬用植物園  TEL: 076-234-4491 

 私たちの身近には,ショウガやヤマノイモなどの野菜,クズの根やアケビの蔓など自然のものなどたくさんの薬の資源があります。一方,薬用人参や甘草のように名前は身近でも実際の植物を見たことがないものもあります。薬草の知識を持つことで,普段の食事も薬膳になり,自然散策の楽しみも広がります。 本講座では身近にある薬草,名前は知っているのに植物を見たことがない,そのような植物について写真を中心に解説します。
==========================
■この講演は事前お申し込みが必要です。

●会   場    金沢大学自然科学 1 号館 薬学プレゼンテーション室(角間キャンパス)
              自然科学本館の正面入り口から案内に従ってお入りください。
●定   員    80 名 先着順。 80名に達した時点で申込を締め切らせていただきます。
●実費徴収額  当日,保険料・材料費(100円)を徴収します。
●申込み期限  4/20(月)
●申込み・お問合せ先 薬学類・創薬科学類附属薬用植物園  TEL: 076-234-4491

◆お知らせ◆ 午後は薬用植物園一般公開を開催します(13:30〜17:00,当日受付)。併せてご参加をお待ちしております。


【平成27年3月】


 日 時 : 2015年3月22日(日) 14:00~15:30
 場 所 : 金沢大学サテライト・プラザ
 
講 師 : 稲葉 英夫(金沢大学医薬保健研究域医学系教授)
 演 題 : 家庭から始まる救急医療 ~アクションカードを作ろう
      
お問合せ: 金沢大学サテライト・プラザ 金沢市西町三番丁16番地(金沢市西町教育研修館内)
        
 TEL076-232-5343 FAX 076-232-5383   E-mail  satellite@adm.kanazawa-u.ac.jp 

 
重篤な救急患者の予後は,急病や大けがの発生から決定的治療までの時間に影響されます。この時間が短ければ,傷病者は後遺症なく元の生活に戻れる確率が高くなります。人口の高齢化が進んだ日本では,急病の多くは家庭内で発生します。家族の構成員の多くが不在となる日中に発生することも珍しくありません。残念なことに,救急車を呼ぶこと(通報)の遅れや傷病者に対する応急手当の実施がされていないことから,家庭で重篤な急病が発生した場合の傷病者の予後は,公共の場で発生した場合に比べ,悪いことが分かっています。本講演では,重篤な急病の発生の判断のための予備知識についてお話しし,迅速な行動を促すアクションカードの作成についてご紹介します

★遠隔地教育システムを利用して
金沢大学珠洲サテライト(珠洲市民交流センター3階),小松サテライト(こまつビジネス創造プラザ内)へ同時配信します。


【平成27年3月】


 日 時 : 2015年3月1日(日) 14:00~15:30
 場 所 : 金沢大学サテライト・プラザ
 
講 師 : 横山 壽一(金沢大学経済学経営学系教授)
 演 題 : どう変わる?医療と介護
      ―「医療介護総合確保法」がもたらす変化
      
お問合せ: 金沢大学サテライト・プラザ 金沢市西町三番丁16番地(金沢市西町教育研修館内)
        
 TEL076-232-5343 FAX 076-232-5383   E-mail  satellite@adm.kanazawa-u.ac.jp 
 
  昨年6月に「医療介護総合確保法」が成立し,医療制度と介護保険制度を一体的に見直すことが決まり,実施にむけて動き始めました。入院施設をできるだけ減らし,在宅・地域での治療・介護に移す方向ですが,受け皿となる介護保険制度も利用できる人を制限するなど,厳しい内容が数多く盛り込まれています。これから医療・介護はどうなるのか,新たな見直しのポイントを整理し今後の課題を考えます。

★遠隔地教育システムを利用して
金沢大学珠洲サテライト(珠洲市民交流センター3階),小松サテライト(こまつビジネス創造プラザ内)へ同時配信します。


【平成26年10月】


 日 時 : 2014年10月 5日(日) 14:00~15:30
 場 所 : 金沢大学サテライト・プラザ
 
講 師 : 杉村 安幾子(金沢大学外国語教育研究センター准教授)
 演 題 : 中国の大学受験狂騒曲―過剰な教育熱と受験戦士たちの激闘
      

お問合せ: 金沢大学サテライト・プラザ 金沢市西町三番丁16番地(金沢市西町教育研修館内)
        
 TEL076-232-5343 FAX 076-232-5383   E-mail  satellite@adm.kanazawa-u.ac.jp 
 
 毎年6月7・8日は中国の統一試験の日です。中国の大学に入学するには,基本的にはこの統一試験の一回勝負です。日本の平成26年度のセンター試験受験者数は53万人強,一方,中国の今年の統一試験受験者数は939万人でした。この一千万にも及ばんとする中国の高校生たちは,統一試験での高得点を目指して,日々必死に勉強しています。彼らの激闘の日々を追うとともに,替え玉入試,少数民族への成りすまし,「そこまでやるか?!」のびっくりハイテク・カンニンググッズなど,様々な不正行為や関連事件についてもご紹介します。

★遠隔地教育システムを利用して
金沢大学小松サテライト(こまつビジネス創造プラザ内)へ同時配信します。


【平成26年9月】
~夏休み明け企画~

 日 時 : 2014年9月 6日(土) 14:00~16:30
 場 所 : 
金沢市立安江金箔工芸館3階研修室(金沢市東山1-3-10)と卯辰山麓寺院地区
          (会場にご注意ください。サテライト・プラザではありません。)
 
講 師 : 伊藤 悟(金沢大学人間科学系教授)
 演 題 : スマホでまちなみ探検!
      ~最新モバイルツールを利用して伝統的まちなみを歩いてみよう~


お申し込み:●インターネットからのお申込みは
            https://open-learning.crc.kanazawa-u.ac.jp/
        ●インターネットからのお申込みが難しい方・キャンセル待ちをされる方は
          お電話で参加可能か確認の上,お申込みください。
            金沢大学地域連携推進センター 金沢市角間町
                   
  TEL076-264-5272~5273    
 金沢には古くからのまちなみが随所にあります。東山の茶屋街などは有名ですが,なかには見逃されやすいまちなみもあります。本ミニ講演では,GIS(地理情報システム)やAR(現実強化)技術を取り入れて開発中のシステムによって,曲がりくねった道や高い塀の先を見通したり,時には過去へもタイムスリップしながら,そのような伝統的なまちなみを巡ります。ご自身のスマートフォンやタブレット端末が利用できますので,当日お持ち下さい。
   ===============================================
●定員 15名(小学4年生以上~中学3年生 ※ただし, 小学生は保護者同伴
●事前申込が必要..
●その他:スマートフォンをお持ちでない方には貸し出しもできますので,申込みの際にその旨お伝えください (
ただし台数に限りがあります)。
●当日,傷害保険料として1人につき50円を徴収します
●☂雨天決行

【平成26年8月】


 日 時 : 2014年8月30日(土) 14:00~15:30
 場 所 : 金沢大学サテライト・プラザ
 
講 師 : 村田 晶(金沢大学環境デザイン学系助教)
 演 題 : 近年の被害から学ぶ地震災害への備え方
      

お問合せ: 金沢大学サテライト・プラザ 金沢市西町三番丁16番地(金沢市西町教育研修館内)
        
 TEL076-232-5343 FAX 076-232-5383   E-mail  satellite@adm.kanazawa-u.ac.jp 

 東日本大震災,能登半島地震,阪神大震災等の近年発生した地震によって被災した建物,上下水道等ライフラインの被害事例を踏まえて,大地震に対しどのように備えをしたらよいのかを,お話しします。講演内容は主に個人の住宅について,大地震時にはどのような状況となるのか,建物のどこが大きな被害となるのか,地震時に身を守る方法は?来たるべき地震に対しどのように備えをしたらよいか?を予定しています。

★遠隔地教育システムを利用して
金沢大学珠洲サテライト(珠洲市民交流センター3階),小松サテライト(こまつビジネス創造プラザ内)へ同時配信します。



【平成26年7月】
~夏休み企画 ~        共催:金沢子ども科学財団
                         いしかわ未来のエジソン・サマースクール

 日 時 : 2014年7月19日(土) 14:00~15:00
 場 所 : 金沢大学サテライト・プラザ
 
講 師 :  輝弥(金沢大学物質化学系准教授)
 演 題 : 空飛ぶ微生物を観たり,食べたりしよう!

お問合せ: 金沢大学サテライト・プラザ 金沢市西町三番丁16番地(金沢市西町教育研修館内)
        
 TEL076-232-5343 FAX 076-232-5383   E-mail  satellite@adm.kanazawa-u.ac.jp 
  
  高度数千メートルの大気中にも微生物が生きて浮遊しており,風によって運ばれています。この微生物が,環境や人にどのような影響を及ぼすのか?を調べるため,大気観測に室内実験に励んで参りました。その研究成果である微生物をシャーレ上で観察いただき,副産物である納豆を試食することもでき,大気微生物の生態の片鱗に触れてくだされば幸いです。

おもに小学生(高学年)が対象ですが,どなたでも参加できます。


【平成26年6月】


 日 時 : 2014年6月28日(土) 14:00~15:30
 場 所 : 金沢大学サテライト・プラザ
 
講 師 : 吉田国光(金沢大学人間科学系准教授)
 演 題 : 文化財は誰のものか?:「ふるさと」の景観を考える
      

お問合せ: 金沢大学サテライト・プラザ 金沢市西町三番丁16番地(金沢市西町教育研修館内)
        
 TEL076-232-5343 FAX 076-232-5383   E-mail  satellite@adm.kanazawa-u.ac.jp 
  現代の農山漁村は食料生産地以上の意味を持っています。「白米の千枚田」に代表されるように,一部の農山漁村では「ふるさと」や「原風景」といった冠が付されています。「ふるさと」となった農山漁村のなかには文化財として保全され,地域振興に利用されるものもみられます。しかし,農山漁村の抱える課題は文化財となることで解消されたのでしょうか?
 本講演では,「棚田百選」や文化財となった漁村景観,珠洲の「里山里海」などを例に取り上げながら,これらの内包する課題について考えたいと思います。
★遠隔地教育システムを利用して
金沢大学珠洲サテライト(珠洲市民交流センター3階),小松サテライト(こまつビジネス創造プラザ内)へ配信しました。

【平成26年6月】


 日 時 : 2014年6月1日(日) 14:00~15:30
 場 所 : 金沢大学サテライト・プラザ
 
講 師 : 柿川真紀子(金沢大学環日本海域環境研究センター助教)
 演 題 : 磁界の医療応用に向けて
      

お問合せ: 金沢大学サテライト・プラザ 金沢市西町三番丁16番地(金沢市西町教育研修館内)
        
 TEL076-232-5343 FAX 076-232-5383   E-mail  satellite@adm.kanazawa-u.ac.jp 
 現在の私たちの生活環境には家電製品が多く,その周りにはいくらか磁界が発生しています。
本講演では,身の周りにある磁界の話から,その生活環境にある磁界の数千倍,数万倍の強さの磁界が生物へ及ぼす作用,さらには磁界の医療応用に向けた研究についてお話したいと思います。

★この講演は,遠隔地教育システムを利用して金沢大学珠洲サテライト(珠洲市民交流センター3階)へ配信しました。

【平成26年4月】


 日 時 : 2014年4月26日
(土) 14:00~15:30
 場 所 : 金沢大学サテライト・プラザ
 
講 師 : 齋藤 毅(金沢大学電子情報学系助教)
 演 題 : 「話す」と「聞く」の科学
            

お問合せ: 金沢大学サテライト・プラザ 金沢市西町三番丁16番地(金沢市西町教育研修館内)
        
 TEL076-232-5343 FAX 076-232-5383   E-mail  satellite@adm.kanazawa-u.ac.jp 

 近年,コンピュータが人間の言葉を理解する,あるいは言葉を話す技術がスマートフォンやロボットに使われるようになってきています。しかし,現在の技術では,人間とコンピュータの間で,人間同士の様な円滑で豊かな言葉のコミュニケーションを実現することはできません。本講演では,人間の「話す・聞く」仕組みと,コンピュータの「話す・聞く」技術を対比させながら紹介し,人間とコンピュータが自由に会話できる未来についてお話したいと思います。 


【平成26年3月】


 日 時 : 2014年3月23日(日) 14:00~15:30
 場 所 : 金沢大学サテライト・プラザ
 
講 師 : 濱田里羽(金沢大学大学教育開発・支援センター特任助教)
 演 題 : 高校生・大学生のための心理学から考えるコミュニケーションのヒント
            

お問合せ: 金沢大学サテライト・プラザ 金沢市西町三番丁16番地(金沢市西町教育研修館内)
        
 TEL076-232-5343 FAX 076-232-5383   E-mail  satellite@adm.kanazawa-u.ac.jp 

 高校生・大学生の皆さん,これから新生活・新学期を迎えるにあたり,新しい環境・新しい人間関係の中に入っていく不安や期待が入り混じった時期ではなのではないでしょうか。心理学の研究や理論も交えながら,友人や家族,周囲の人々とのコミュニケーションのヒントをご紹介いたします。
★学生向けの内容ですが,どなたでも参加いただくことができます。

【平成26年2月】


 日 時 : 2014年 2月15日(土) 14:00~15:30
 場 所 : 金沢大学サテライト・プラザ
 講 師 : 
鳥羽  陽(金沢大学薬学系准教授)
 講 師 : 児玉昭雄(金沢大学機械工学系教授)
 進 行長谷川 浩(金沢大学物質化学系教授)
 演 題 :
大気汚染と快適な室内空調 安心して暮らせる空気環境を考える

お問合せ: 金沢大学サテライト・プラザ 金沢市西町三番丁16番地(金沢市西町教育研修館内)
        
 TEL076-232-5343 FAX 076-232-5383   E-mail  satellite@adm.kanazawa-u.ac.jp

  大気と生活を含めた環境中の空気を清浄に保つためには,世界共通の取り組みが欠かせません。今回の講演会では,大気中の有害物質の測定と健康影響のグローバルワイドな解析や,室内空気環境の改善技術開発に取り組んでいる最先端の研究者を講師に招きます。大気汚染と健康被害の現状,そして環境改善の先端技術をわかりやすく解説します。

 ◆講演1 東アジアにおける大気汚染モニタリング  鳥羽 陽(金沢大学薬学系准教授)
 ◆講演2 室内空気質と省エネ・快適空調        児玉昭雄(金沢大学機械工学系教授


【平成25年10月】


 日 時 : 2013年10月13日(日) 14:00~15:30
 場 所 : 金沢大学サテライト・プラザ
 
講 師 : 瀬戸章文(金沢大学自然システム学系 教授)
 演 題 : 身近な微粒子;PM2.5から花粉,ナノテクまで
            

お問合せ: 金沢大学サテライト・プラザ 金沢市西町三番丁16番地(金沢市西町教育研修館内)
        
 TEL076-232-5343 FAX 076-232-5383   E-mail  satellite@adm.kanazawa-u.ac.jp 

 微粒子とは,固体または液体の微小な物質であり,我々の生活によい影響も悪い影響ももたらします。春先に起こったPM2.5騒動や花粉症,ウィルスなどは「悪い」微粒子と考えることができます。一方,最近では,ナノテクノロジーなどの先端技術において,微粒子は新しい機能性材料として大きな期待が寄せられています。本講義では,微粒子とは何か?また,どのような性質があり,我々の生活にどのような影響を与えるのかについて解説します。

【平成25年9月】


 日 時 : 2013年9月7日(土) 14:00~15:30
 場 所 : 金沢大学サテライト・プラザ
 
講 師 : 市原 あかね(金沢大学経済学経営学系 教授)
 演 題 : 再生可能エネルギーで地域の可能性を拓く
       再生可能エネルギーと自治・デモクラシー

               

お問合せ: 金沢大学サテライト・プラザ 金沢市西町三番丁16番地(金沢市西町教育研修館内)
        
 TEL076-232-5343 FAX 076-232-5383   E-mail  satellite@adm.kanazawa-u.ac.jp 
 10年ほど前から発電用の大きな風車を見ることが増えたと思いませんか。昨年から太陽光発電を屋根に設置した人が知り合いに増えたり,小水力発 電や薪,ペレット,地熱や地中熱,いろいろな再生可能エネルギーの話題にふれることも多くなっているのではないでしょうか。再生可能エネルギーは地域の財産です。地域社会で上手に活用し地域の可能性を拓く「コミュニティ・エネルギー」の時代が来ているようです。それを実現するためにはどんなコツが必要か。 そんなお話しをしたいと思います。

【平成25年8月】
夏休み企画           共催:金沢子ども科学財団
                         
いしかわ未来のエジソン・サマースクール

 日 時 : 2013年8月11日(日) 14:00~15:00
 場 所 : 金沢大学サテライト・プラザ
 
講 師 : 平松良浩(金沢大学自然システム学系准教授)
 演 題 : 地震を知ろう
               
お問合せ: 金沢大学サテライト・プラザ 金沢市西町三番丁16番地(金沢市西町教育研修館内)
        
 TEL076-232-5343 FAX 076-232-5383   E-mail  satellite@adm.kanazawa-u.ac.jp 
 日本は世界の中でも地震が多い国です。石川県は地震が少ないと思うかもしれませんが,過去には何度も地震で被害を受けています。この講演では,「なぜ・どの ように地震は起きるのか?」,「石川県や金沢ではどれくらい地震の危険性があるのか?」,について解説します。また,自分で起こす振動のマグニチュード(地震の大きさ)を地震計を使って測定したり,小さな岩石を使ったミニ地震発生実験を行います。

【平成25年6月】


 日 時 : 2013年 6月30日(日) 14:00~15:30
 場 所 : 金沢大学サテライト・プラザ
 
講 師 : 牧 輝弥(金沢大学物質化学系准教授)
 演 題 : 能登上空3000mで採取した納豆菌から生まれた
     「そらなっとう」の 開発秘話

               
お問合せ: 金沢大学サテライト・プラザ 金沢市西町三番丁16番地(金沢市西町教育研修館内)
        
 TEL076-232-5343 FAX 076-232-5383   E-mail  satellite@adm.kanazawa-u.ac.jp 

 空高く上空には微生物が浮遊し,様々な環境へと風で運ばれます。私の研究では,空の微生物がヒトや環境に与える影響を調べるため,気球や飛行機を使った大気サンプリングを実施してきました。すると,上空の大気中から納豆菌であるバチルスが多く分離培養されることもあります。実際に,その細菌を使って納豆をつくると,粘りとにおい控えめの納豆ができ,「そらなっとう」として石川県で販売に至りました。本講演では本商品の開発秘話をお話します。



【平成25年5月】


 日 時 : 2013年 5月18日(土) 14:00~15:00
 場 所 : 金沢大学サテライト・プラザ
 
講 師 : 杉山欣也(金沢大学歴史言語文化学系准教授)
 演 題 : 路地の記憶をたずねて ― 徳田秋聲×古井由吉
      講演終了後文学散歩を予定しています(☂雨天中止)

 
★同時開催★
   金沢大学放送局web-KURS
【 金沢大学×金沢文学 文学な10日間 】
5/18-5/27 


お問合せ: 金沢大学サテライト・プラザ 金沢市西町三番丁16番地(金沢市西町教育研修館内)
        
 TEL076-232-5343 FAX 076-232-5383   E-mail  satellite@adm.kanazawa-u.ac.jp 

 路地には,人びとの生活,そして記憶があります。記憶は層として重なり,やがて歴史となります。そしてそこからは,やがて想像力が芽
生えてきます。泉鏡花,三島由紀夫,五木寛之。作家たちは金沢の路地を作品に描きました。今回は,旧四高に籍を置いた徳田秋聲「街
の踊り場」と,金沢大学の教員でもあった古井由吉の「踊り場参り」を通して,路地の持つ層の厚みに触れます。


【平成25年3月】


 日 時 : 2013年 3月17日(日) 14:00~15:30
 場 所 : 金沢大学サテライト・プラザ
 
講 師 : 梅林正芳(金沢大学自然システム学系助手)
 演 題 : 植物図描画の世界~画家は何を考えどう描いているのか~
 
   
★同時開催★ 【 植 物 画 塾  作 品 展 】 3/9-3/23  

お問合せ: 金沢大学サテライト・プラザ 金沢市西町三番丁16番地(金沢市西町教育研修館内)
        
 TEL076-232-5343 FAX 076-232-5383   E-mail  satellite@adm.kanazawa-u.ac.jp 

科学的な植物の図はどのようにして描かれているのか。仕事はどのように生まれ,或は依頼されるのか。そして,画家は何を考え何を観察しどのように描いているのか。現在進行中の仕事や過去の仕事を通してその内容を具体的に解説し,植物図描画の世界の一端 を紹介する。


【平成25年2月】


 日 時 : 2013年 2月9日(土) 14:00~15:30
 場 所 : 金沢大学サテライト・プラザ
 講 師 : 三木 理
(金沢大学サステナブルエネルギー研究センター教授)
 講 師 : 後藤 享子(金沢大学薬学系准教授)
 進 行長谷川 浩(金沢大学物質化学系教授)
 演 題 : 海からの贈り物:海とわたしたちの健康 
お問合せ: 金沢大学サテライト・プラザ 金沢市西町三番丁16番地(金沢市西町教育研修館内)
        
 TEL076-232-5343 FAX 076-232-5383   E-mail  satellite@adm.kanazawa-u.ac.jp 

海の健康を守るためにあたらしい技術が作られ,海は美しさをとりもどしつつあります。すると,ふしぎなことに,海は私たちの食料をつくりだすようになります。
海や大地の生き物たちは,その他にも,私たちの健康を守る薬をつくるヒントも教えてくれます。これはまるで,海の健康を守ろうとする私たちへの,海からの贈り物のようです。海の健康と私たちの生活とがどのように むすびついているのか,海の中をちょっとのぞいてみませんか?

 ◆講演1 鉄で海洋バイオマスを育てる 三木 理(金沢大学サステナブルエネルギー研究センター教授)
 ◆講演2 海と大地から生まれる医薬品  後藤享子(金沢大学薬学系准教授)



【平成24年11月】


 日 時 : 2012年 11月11日(日) 14:00~15:30
 場 所 : 金沢大学サテライト・プラザ
 講 師 : 
香坂 玲(金沢大学人間科学系准教授)
 
演 題 : 
逆境にめげずに地域が生き残るための知恵と工夫
       白山の木材からサンゴ礁までの活用事例
お問合せ: 金沢大学サテライト・プラザ 金沢市西町三番丁16番地(金沢市西町教育研修館内)
        
 TEL076-232-5343 FAX 076-232-5383   E-mail  satellite@adm.kanazawa-u.ac.jp 

 地域衰退が深刻化しているなかで,自治体と住民,企業が知恵を出し合い,自然環境や伝統文化を大切にした個性的なまちづくりに挑戦する地域が現れている。過疎や財政破綻,あるいは公害や環境破壊など抱えた自治体における再生の取り組みを紹介する。また,六次産業化と知財活用の入門についても触れる。



【平成24年8月】
夏休み企画②           共催:金沢子ども科学財団
                             
いしかわ未来のエジソン・サマースクール
 日 時 : 2012年 8月18日(土) 14:00~15:30
 場 所 : 金沢大学サテライト・プラザ
 講 師 : 
尾﨑光紀(金沢大学電子情報学系助教)
 
演 題 : 
南極のふしぎとサイエンス(電波でオーロラを知る!?)
お問合せ: 金沢大学サテライト・プラザ 金沢市西町三番丁16番地(金沢市西町教育研修館内)
        
 TEL076-232-5343 FAX 076-232-5383   E-mail  satellite@adm.kanazawa-u.ac.jp 
南極(昭和基地)とは,どんなところでしょう。極寒,一日中暗い極夜,閉ざされた地・・・,
いえいえ南極にも四季があり,夜空にはオーロラが舞い,昭和基地ではインターネットだってできてしまいます。
元南極観測越冬隊員により,南極の不思議な魅力や,余り知られていない昭和基地での生活についてご紹介します。
また,南極の夜空を彩るオーロラについて解説をし,曇った空の上のオーロラを電波で調べる研究についてお話したいと思います。


【平成24年7月】
夏休み企画①

 日 時 : 2012年 7月28日(土) 14:00~15:30
 場 所 : 金沢大学サテライト・プラザ
 講 師 : 
宇野文夫(金沢大学地域連携推進センター特任教授)
 
演 題 : 
小学生のためのマスメディア論
お問合せ: 金沢大学サテライト・プラザ 金沢市西町三番丁16番地(金沢市西町教育研修館内)
        
 TEL076-232-5343 FAX 076-232-5383   E-mail  satellite@adm.kanazawa-u.ac.jp 
 テレビや新聞といったマスメディアに向き合うのに年齢というものはありません。むしろ,言葉や文字を理解しそのセンスを磨くには小学生のころから読んで,見て聞いて,考えることが必要なのです。
 『小学生のためのマスメディア論』では,新聞を読んで分かること,テレビをもっと面白く見る方法をお話しします。


【平成24年5月】


 日 時 : 2012年 5月26日(土) 14:00~15:30
 場 所 : 金沢大学サテライト・プラザ
 講 師 : 
櫻井 武(金沢大学医学系教授)
 
演 題 : 
眠りをあやつる脳のしくみ
お問合せ: 金沢大学サテライト・プラザ 金沢市西町三番丁16番地(金沢市西町教育研修館内)
        
 TEL076-232-5343 FAX 076-232-5383   E-mail  satellite@adm.kanazawa-u.ac.jp 
「睡眠中,私たちの脳で何がおこっているか」ということを解説し,睡眠と覚醒をあやつる詳しい脳内メカニズムにふれたいと思います。20世紀の終わりに
「オレキシン」という物質の発見があったことをきっかけとして睡眠に関するさまざまなことがわかってきました。睡眠・覚醒の制御システムは,動物の行
動や意識,感情などをも包括して適切な覚醒状態を維持するためのシステムです。さまざまな脳内物質が私たちの覚醒と睡眠をどのようにコントロール
しているか解説したいと思います。


【平成24年4月】


 日 時 : 2012年 4月21日(土) 14:00~15:30
 場 所 : 金沢大学サテライト・プラザ
 講 師 : 
木綿隆弘(金沢大学機械工学系教授)
 
演 題 : 
風力と水力エネルギー利用技術の現状と課題
お問合せ: 金沢大学サテライト・プラザ 金沢市西町三番丁16番地(金沢市西町教育研修館内)
        
 TEL076-232-5343 FAX 076-232-5383   E-mail  satellite@adm.kanazawa-u.ac.jp 
 福島第一原子力発電の事故以後,風力と水力の自然エネルギーの利用が注目を集めています。石川県内でも能登半島を中心に多くの風力発電装置が設置されていますが,世界や日本における風力発電の導入状況,風車の種類と事例,導入における課題などについて講演します。さらに,用水網が金沢市内でも形成されていますが,ダムなどの建設を必要としない小規模な水力発電の導入状況や事例,普及における問題点などについて講演します。


【平成24年3月】


 日 時 : 2012年 3月10日(土) 14:00~15:30
 場 所 : 金沢大学サテライト・プラザ
 講 師 : 
村上和光(金沢大学経済学経営学系教授)
 
演 題 : 
格差社会を考える ―政治経済の視点から
お問合せ: 金沢大学サテライト・プラザ 金沢市西町三番丁16番地(金沢市西町教育研修館内)
        
 TEL076-232-5343 FAX 076-232-5383   E-mail  satellite@adm.kanazawa-u.ac.jp 
 現在の日本の解決すべき大きな問題として「格差社会」があることは誰もが感じています。しかしその本質は意外と理解されていないのではないでしょうか。そこで,格差社会の現実を少しその本質面にまで立ち戻って考えてみませんか。たとえば格差社会を政治経済的視点からより深く考察してみたいと思うのです。そうすれば,この格差社会が単に何か「偶然に」出来上がったものではなく,日本の政治経済動向がいわば「意識的に」作り出した結果であること がはっきりと見えてきます。そしてそこからこそ,格差社会の改革にも道が拓けるに違いありません。


【平成23年12月】


 日 時 : 2011年12月 4日
(日) 14:00~15:30
 場 所 : 金沢大学サテライト・プラザ
 講 師 : 
中村裕之(金沢大学医学系教授)
 
演 題 : 
健康にいいこと,いいもの ―メタボとがんにならないために
お問合せ: 金沢大学サテライト・プラザ 金沢市西町三番丁16番地(金沢市西町教育研修館内)
        
 TEL076-232-5343 FAX 076-232-5383   E-mail  satellite@adm.kanazawa-u.ac.jp 
 メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)は,内臓脂肪型肥満を共通の要因として高血糖,脂質異常,高血圧が引き起こされる状態で,それぞれが重複した場合には脳梗塞,心筋梗塞など,命にかかわる病気を招くこともあります。その予防のためには食生活などの生活習慣にあることは言うまでもありません。一方,がんも日本人死亡原因の第1位で約3割を占め,その予防には生活習慣が欠かせません。驚くことに,メタボもがんも同じ原因で起きることも知られております。本講演では,メタボとがんにならないための「食生活」と「こころ」についてお話しします。



【平成23年11月】


 日 時 : 2011年11月19日
(土) 14:00~15:30
 場 所 : 金沢大学サテライト・プラザ
 講 師 : 
森山 治(金沢大学経済学経営学系教授)
 
       曽我千春(金沢星稜大学経済学部准教授,金沢大学非常勤講師)
 演 題 : 
介護保険制度のいま
      ~介護施設における事故・事件と寝たきりビジネス~
お問合せ: 金沢大学サテライト・プラザ 金沢市西町三番丁16番地(金沢市西町教育研修館内)
        
 TEL076-232-5343 FAX 076-232-5383   E-mail  satellite@adm.kanazawa-u.ac.jp 

 介護保険法が施行されて11年が経過している。今年の6月には法律が改正され,来年の41日からは新たに「地域密着サービス」も導入されることとなった。

 介護保険は全国に介護サービスを一律に展開する契機となった。しかしその反面,厳しい労働条件等を原因とした介護施設での事故や事件も全国で生じている。また,高齢者を食い物とする貧困ビジネス・寝たきりビジネスといったものも登場している。
 本講演では高齢者に対する介護の世界でいま,何が起こっているのかを,介護施設での事件や事故を手掛かりに,我が国の介護保障について考える機会としたい。


【平成23年10月】


 日 時 : 2011年10月1日(土) 14:00~15:30
 場 所 : 金沢大学サテライト・プラザ
 講 師 : 
長尾誠也(金沢大学環日本海域環境研究センター教授) 
 演 題 : 
森はなぜ海の恋人なのか?
お問合せ: 金沢大学サテライト・プラザ 金沢市西町三番丁16番地(金沢市西町教育研修館内)
        
 TEL076-232-5343 FAX 076-232-5383   E-mail  satellite@adm.kanazawa-u.ac.jp 
 沿岸域での生物生産性を維持するためには、その上流にあたる河川流域での森林の存在が重要であると考えられ、魚付き林といった保護された森林が各地に存在する。また、植林活動を通じて、沿岸域の生産性が回復した事例も報告されている。本講演では、現在、各地で進められている植林活動との関係を例に、森が海の恋人である理由を科学的な視点から解説する。また、今後、河川流域と沿岸域を含めた流域圏、里山里海が目指すべき方向性について紹介する。

サテライト・プラザ ホームページへ