学長メッセージ

国立大学法人金沢大学長 山崎 光悦

 金沢大学は,グローバル社会をリードする人材の育成を教育の基本方針とし,また,海外のトップレベルの大学と伍した世界卓越型の研究大学を目指し,様々な改革に取り組んでいます。その実現のためには,性別,国籍,人種等の異なる多様な構成員による大学運営が極めて重要であるとの認識のもと,男女共同参画の推進にも努めてきました。

 近年は特にダイバーシティの推進が重要なテーマとなっています。ダイバーシティにより新たな創造や革新が生まれ,組織全体が活性化するといわれていますが,金沢大学は早くからダイバーシティの推進に取り組んでおり,その一つとして,女性の活躍を推進してきました。

 研究者をはじめとする女性職員が活躍するための環境整備,女性の在職比率を増加させる取り組み,リーダー育成,上位職への登用促進のための基盤づくりなどにより,金沢大学は,すべての構成員が個性と能力を発揮できる大学を目指しています。

 本学は,ダイバーシティの実現に向けて,個人または組織としてできること,すべきことは何かを考え,金沢大学が今以上に光り輝き,日本を代表する世界的な教育・研究拠点大学になるよう,全学を挙げて一層取り組んでいきます。

平成30年3月 国立大学法人金沢大学長 山崎 光悦

  • 金沢大学の男女共同参画
  • キャリアデザインラボラトリー
  • DIVERSITY
  • HWRN
PAGE TOP