本文へジャンプ

学長からのメッセージ

学長からのメッセージ 金沢大学は,平成24年に創基150年を迎えた歴史ある総合大学として,「地域と世界に開かれた教育重視の研究大学」を基本理念に,「東アジアの知の拠点」を目指し教育研究に取り組んでいます。その実現のためには,性別,国籍,人種等の異なる多様な構成員による大学運営が極めて重要であるとの認識のもと,早くから男女共同参画の推進に努めてきました。

 平成13年度に男女共同参画推進委員会を設置,平成20年度の科学技術振興調整費女性研究者支援モデル育成事業「やる気に応えます女性研究者支援」の採択により,男女共同参画キャリアデザインラボラトリーを開設し,3年間の事業として女性研究者支援の基盤づくりに取り組んできました。また,平成22年度には,次世代育成支援対策推進法に基づく「基準適合一般事業主認定(くるみん)」を取得するなど,働きやすい職場環境の提供にも力を注いできました。更に,平成25年度からは,文部科学省科学技術人材育成費補助事業「女性研究者活動支援事業( 拠点型)」の採択を得て, HOKURIKU WOMEN RESERCHERS’ NETWORK の構築による女性研究者の研究力の向上に取り組んでいます。

 私は,本年4月金沢大学長就任と同時に,大学改革推進委員会を中心として, 17のビジョンと56の課題からなる「YAMAZAKIプラン2014」をとりまとめました。これは,地域に愛され世界に誇る金沢大学を実現するための改革戦略であり,この中に「男女共同参画の推進」を一つの重要な戦略として位置付け,その第一歩として「金沢大学男女共同参画推進宣言」を公表したところです。本学は,今後も,男女共同参画社会の実現に向けて全学を挙げて一層取り組んでいきます。

平成26年10月14日 国立大学法人金沢大学長 山崎 光悦

  • 金沢大学
  • 内閣府男女共同参画局