履修計画を立てよう!
  大学では,自分で履修計画をたてて,オリジナルの授業時間割を作ることができます。

  1年間は2学期4クォーターに分けられ,各学期は15週,各クォーターは7.5週の授業を行い,1日は5時限(1時限は90分)で「共通教育科目」及び「専門教育科目」の授業時間割表が組まれています。 学類・科目等によって様々な条件があるので,学類オリエンテーションや,シラバス,履修の手引等を参考に,指導教員等の指導を受け,自分の専門や目的に応じた授業科目を選択し,卒業要件等を満たすように履修計画を立てましょう。

 卒業要件とは?
 大学は,修業年限を4年(医学類,薬学類は6年)とし,「共通教育科目」及び「専門教育科目」について,それぞれ卒業に
必要な最低修得単位数が次のように定められています。

卒業に必要な修得単位数(平成28年度入学者 ※2)
所属 共通教育科目 専門教育科目 卒業単位数
共通教育科目 自由履修枠※1 学域GS
科目
学域GS
言語
科目
専門
基礎
科目
専門
科目





人文学類 38単位以上 なし 2単位 2単位 6単位 76単位
以上
124単位以上
法学類 38単位以上 なし 90単位以上 128単位以上
経済学類 38単位以上 なし 92単位以上 130単位以上
学校教育学類 教育科学コース
教育基礎専修
30単位以上 なし 2単位 2単位 66単位
以上
40単位
以上
140単位以上
教育科学コース
特別支援教育専修
2単位 2単位 63単位
以上
43単位
以上
教科教育学コース 2単位 2単位 66単位
以上
40単位
以上
地域創造学類 38単位以上 なし 86単位以上 124単位以上
国際学類 33単位以上 なし 36単位以上 56単位
以上
125単位以上



数物科学類 44単位以上 2単位
以下
78単位以上 124単位以上
物質化学類 46単位以上 4単位
以下
83単位以上 133単位以上
機械工学類 46単位以上 なし 84単位以上 130単位以上
電子情報学類 46単位以上 なし 86単位以上 132単位以上
環境デザイン学類 46単位以上 なし 87単位以上 133単位以上
自然システム学類 42単位以上 なし 88単位以上 130単位以上





医学類 44単位以上 なし 2単位 4単位 2.5単位 203.5単位
以上
256単位以上
薬学類 35単位以上 なし 2単位 2単位 4単位 146.5単位
以上
189.5単位以上
創薬科学類 35単位以上 なし 2単位 2単位 4単位 92.5単位
以上
135.5単位以上
保健学類 看護学専攻 32単位以上 なし 2単位
以上
2単位 11単位 82単位
以上
129単位以上
放射線技術科学専攻 38単位以上 なし 2単位
以上
2単位 5単位 88単位
以上
135単位以上
検査技術科学専攻 38単位以上 なし 2単位
以上
2単位 17単位 69単位
以上
128単位以上
理学療法学専攻 32単位以上 2単位
以下
2単位
以上
2単位 12単位 78単位
以上
128単位以上
作業療法学専攻 32単位以上 2単位
以下
2単位
以上
2単位 12単位 78単位
以上
128単位以上

   ※1 共通教育科目・専門教育科目のどちらからでも自由に算入。共通教育科目及び専門教育科目の所定の
       単位数以上を修得すれば,その単位は自動的にこの枠に充足されます。

   ・単位の算出方法は,講義及び演習については15時間から30時間までの授業時間数を,
    実験,実習及び実技については30時間から45時間までの授業時間数をもって1単位とします。
   ・単位は,授業科目を履修し,試験・レポートなどの成績考査に合格すると与えられます。
   ・成績は,S・A・B・C,合,認定及び不可の評語で表します。保留となっている科目の成績 通知は次回まで延期
    されます。

   ※2 上記以外の入学年度の方はこちら

   ※3 詳細な卒業要件については,各入学年度の履修案内,学生便覧にて確認してください。 
▲ページの先頭へ

 卒業すると!
 必要な要件を充足し卒業(修了)が認定されると,学位が授与されます。
 本学では次のような専攻分野の名称を付記します。
学位に付記する専攻分野の名称
学位名 所属名 専攻分野の名称 学位名 所属名 専攻分野の名称
学士




人文学類 文学 修士 人間社会環境研究科 文学,法学,政治学,経済学,経営学,地域創造学,国際学又は学術
法学類 法学
経済学類 経済学 自然科学研究科 理学,工学又は学術
学校教育学類 教育学
地域創造学類 地域創造学 医薬保健学総合研究科 医科学,創薬科学又は保健学
国際学類 国際学



数物科学類 理学 博士 人間社会環境研究科 社会環境学,文学,法学,政治学,経済学又は学術
物質化学類 理学又は工学
機械工学類 工学 自然科学研究科 理学,工学又は学術
電子情報学類 工学
環境デザイン学類 工学 医薬保健学総合研究科 医学,薬学,創薬科学,保健学又は学術
自然システム学類 理学又は工学





医学類 医学 先進予防医学研究科 医学
薬学類 薬学
創薬科学類 創薬科学 法務博士
(専門職)
法務研究科
保健学類 看護学又は保健学 教職修士
(専門職)
教職実践研究科


また,所定の単位を修得することで,卒業と同時に以下の資格を取得することができます。

1.教員免許状
学域・学類・コース
免許状の種類 教科





人文学類 中学校教諭一種 国語,社会,英語
高等学校教諭一種 国語,地理歴史,公民,英語,ドイツ語,
フランス語,中国語
法学類 中学校教諭一種 社会
高等学校教諭一種 公民
経済学類 中学校教諭一種 社会
高等学校教諭一種 公民
学校教育学類
(特別支援教育専修以外)
小学校教諭一種
中学校教諭一種 国語,社会,数学,理科,音楽,美術,
保健体育,家庭,英語
学校教育学類
(特別支援教育専修)
小学校教諭一種
特別支援学校教諭一種 聴覚障害,知的障害,肢体不自由
学校教育学類
(場合によっては取得可能)
幼稚園教諭一種
高等学校教諭一種 国語,地理歴史,公民,数学,理科,音楽,美術,保健体育,家庭,英語
地域創造学類 中学校教諭一種 保健体育,技術注)
高等学校教諭一種 公民,保健体育
国際学類 中学校教諭一種 国語,社会,英語
高等学校教諭一種 国語,地理歴史,公民,英語



数物科学類 中学校教諭一種 数学,理科
高等学校教諭一種 数学,理科,情報
物質化学類・
 化学コース
中学校教諭一種 理科
高等学校教諭一種 理科
物質化学類・
 応用化学コース
中学校教諭一種 理科
高等学校教諭一種 理科,工業
機械工学類 高等学校教諭一種 工業
電子情報学類 高等学校教諭一種 工業
環境デザイン学類 高等学校教諭一種 工業
自然システム学類・
 生物学コース
 地球学コース
中学校教諭一種 理科
高等学校教諭一種 理科
自然システム学類・
 バイオ工学コース
 物質循環工学コース
高等学校教諭一種 工業
注)平成24年度入学生まで取得可能


▲ページの先頭へ


2.その他の資格
資格の分類・名称[認定機関] 学類・コース(専攻)・専修 備考
社会教育主事 全学類
学校図書館司書教諭 教育職員免許状が取得できる全ての学類
学芸員 人文学類及び他の全学類 主要な科目は人文学類のフィールド文化コースで開講されます。
認定心理士
[日本心理学会]
人文学類・心理学コース 卒業後に申請が必要です。
社会調査士
[一般社団法人社会調査協会]**
人文学類 左記以外の学類では取得のための負担が相当に大きくなります。
GIS学術士
[社団法人日本地理学会]**
人文学類・人間科学コース・地理学専門分野 指定の単位をB以上の評価で取得した上で,GISを使用した空間分析を行た卒業論文を書くことが必要です。
地域創造学類・環境共生コース
日本語教育主専攻 国際学類・日本・日本語教育コース
日本語教育副専攻 国際学類及び他の全学類 他学類でも[学域内副専攻]日本語教育副専攻を取れば,取得できます。
電気主任技術者
[経済産業省]
電子情報学類・電気電子コース 資格自体は,卒業後,一定期間の実務経験(最長5年)を経て申請し,取得となります。
社会福祉士国家試験受験資格 地域創造学類・福祉マネジメントコース
公認スポーツ指導者 地域創造学類・健康スポーツコース 全ての科目は健康スポーツコースで開講されます。
無線従事者
(第一級陸上無線技術士)
[総務省]
電子情報学類 卒業後3年以内に限り試験科目の一部が免除されます。
電気通信主任技術者
(伝送交換主任技術者)
[総務省]
電子情報学類 試験科目の一部が免除されます。なお,卒業後であっても,所定の科目を取得した時点で免除になります。
2級建築士受験資格
[各都道府県]****
環境デザイン学類
1級建築士受験資格
[国土交通省]****
環境デザイン学類 卒業後2年以上の実務が必要です。
毒物劇物取扱責任者
[厚生労働省]
物質化学類
薬学類・創薬科学類
技術士補
[(社)日本技術士会]****
環境デザイン学類
測量士補
[国土地理院]
環境デザイン学類 卒業後1年以上の実務を経て登録すれば,測量士になれます。
医薬部外品,化粧品又は医療機器の総括製造販売責任者及び責任技術者
[都道府県]
薬学類・創薬科学類
食品衛生管理者
[都道府県又は市区]
薬学類・創薬科学類
甲種危険物取扱者
[総務省]
物質化学類 化学に関する科目を15単位以上修得した者は在学中でも受験資格があります。
自然システム学類・
 バイオ工学コース/物質循環工学コース
公害防止管理者
[経済産業省]
物質化学類 実務経験(種類により異なる)が必要です。
技術士第2次試験受験資格
[(社)日本技術士会]
環境デザイン学類 卒業後4年以上の実務が必要です。
基礎施工士受験資格 環境デザイン学類 卒業後1.5年以上の実務が必要です。
コンクリート技士受験資格
[公益社団法人日本コンクリート工学会]
環境デザイン学類 卒業後2年以上の実務が必要です。
2級土木施工管理技士受験資格
[国土交通省]
環境デザイン学類 卒業後1年以上の実務が必要です。
1級土木施工管理技士受験資格
[国土交通省]
環境デザイン学類 卒業後3年以上の実務が必要です。
安全管理者
[厚生労働省]
理工学域 厚生労働大臣の定める研修を修了し,卒業後2年以上の実務が必要です。***
医師国家試験受験資格 医学類 卒業要件。
薬剤師国家試験受験資格 薬学類 卒業要件。
看護師国家試験受験資格 保健学類・看護学専攻 卒業要件。
保健師国家試験受験資格***** 保健学類・看護学専攻 選択制。
診療放射線技師国家試験受験資格 保健学類・放射線技術科学専攻 卒業要件。
臨床検査技師国家試験受験資格 保健学類・検査技術科学専攻 卒業要件。
理学療法士国家試験受験資格 保健学類・理学療法学専攻 卒業要件。
作業療法士国家試験受験資格 保健学類・作業療法学専攻 卒業要件。
**    卒業時に申請・登録などが必要です。(申請料を必要とする場合もあります。)
***    理工学域以外の卒業者でも,卒業後4年以上の実務経験があれば取得できます。
****   2015年3月現在でそれぞれの学類が認定されています。認定は一定期間毎に継続のため審査があり,
     認定が継続されないと取り消されることもあります。
*****   保健師免許証取得者が取得できる資格として次のものがあります。
   ■養護教諭二種免許(都道府県教育委員会に申請。ただし,在学中に指定された共通教育科目を修得すること。)
   ■第一種衛生管理者免許(都道府県労働局に申請)


▲ページの先頭へ

 学年・学期
  
 本学では,学年・学期について次のとおり本学学則で定められていますが,実際の授業日程は学生便覧等を参照して
ください。
   
<学 年>   4月1日から翌年3月31日
<学 期>   2学期4クォーターに分ける
学期 クォーター 期間
前期 第1クォーター  4月1日から9月30日まで
第2クォーター
後期 第3クォーター  10月1日から翌年3月31日まで
第4クォーター


以上,抜粋なので必ず入学年度の履修案内,学生便覧,時間割表を
熟読し,常に掲示等で最新の情報を入手するように心がけてください。




[金沢大学TOP]   [在学生の皆さんへ]


更新日2016/04/28